MENU
2024年元旦「高齢者向けおせち」のご注文はお早めに! 詳しくはこちら

【プロが解説】高齢者向け宅配弁当ベスト6!ニーズごとの選び方も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
高齢者向け宅配弁当のおすすめ6つ
  • URLをコピーしました!
言語聴覚士ツバメ

訪問ST(言語聴覚士)のツバメです。
訪問リハビリで働く、介護食の専門家です。

介護中のみなさん、在宅での「介護食の準備」って、かなり大変ですよね?

在宅介護の現場で働いていると、実は「利用者さん本人」の状態よりも介護者さんの「介護疲れ」の方が心配になることも多いです。

介護中Aさん

介護食を作って、食べさせるので半日くらい使ってます。

介護食を作るのが大変。そんなときは、「冷凍の宅配食」を利用するのがおすすめです。

レンジでチンするだけの介護食なら、介護負担をかなり軽減できるからです!

最近は、高齢者向けに「やわらかめ」や「嚥下食」のお弁当を全国配送するサービスも増加中なんです。

今回は、そんな高齢者向けの宅配弁当サービスから、おすすめメーカーを6つご紹介します。

介護食の専門家目線で、介護食の選び方も解説します。参考になると嬉しいです。

この記事でわかること
  • オススメの高齢者向け宅配弁当メーカー
  • 高齢者向け宅配弁当の選び方
  • 値段の相場
  • 宅配サービスの上手な使い方

先に結論です!

「やわらかさ」意外に制限がなければ「やわらかダイニング」がオススメ!

先に、さまざまなメーカーの宅配介護食を実食した上での、僕の結論を紹介します。

僕はというメーカーおすすめします。柔らかさの種類も多く(3タイプ)味や価格などバランスもよいと思います。

▼やわらかダイニングの公式サイト

ただ、「やわらかダイニング」には「塩分制限」や「糖質制限」といったタイプのお弁当はありません。

その他のメーカーにも強みがありますので、次項の一覧表を参考にしてください。

目次:クリックでジャンプ

比較して選ぼう! 高齢者向けの宅配弁当メーカー6つ

スクロールできます
メーカー総合評価やわらか食制限食・栄養強化食見た目価格(1食あたり税込)最小注文数送料

値段や味のバランスが良い3種類
・ちょっとやわらか
・歯茎でつぶせる
・舌でつぶせる
なしややしっかりめ見た目もよい694円〜7食から初回無料
通常:770円
定期:385円

食宅便のロゴ
種類が豊富で見た目もよい2種類
・歯茎でつぶせる
・歯茎でつぶせる(あいーと)

4種類
・低糖質
・塩分ケア
・たんぱくケア
・カロリーケア
普通のお弁当に近い見た目もよい620円〜7食から通常:780円
定期:390円
メディカルフードサービス:ロゴ
栄養価やクオリティは高いが、やや高コスト3種類
・歯茎でつぶせる
・歯茎でつぶせる+減塩
・舌でつぶせる
4種類
・タンパク制限
・塩分制限
・カロリー制限
・糖質制限
素材の風味が強い見た目もよい832円〜6食のお試しセットから送料無料!
(一部離島など除く)
まごころケア食:サムネイル
制限食が高コスパ。やわらか食はなしなし3種類
・健康バランス
・糖質制限
・塩分制限
よくも悪くも普通普通食と変わりなし462円〜初回限定7食セットが3,980円(送料も無料!)送料無料!

介護食よりも、通常食に力を入れている印象2種類
・すこし噛みやすい程度
・舌でつぶせる
なしよくも悪くも普通やや介護食感あり680円〜介護食はお試しセットなし(8食セットから)送料一律800円
あいーとのロゴ
あいーと
味・見た目はハイクオリティ。単品なので高コスト2種類
・舌でくずせる
・噛まなくてよい
なしかなり美味しく、素材感もあり美味しそうな見た目580円〜
(おかず一品の値段)
Amazonなら1食から
公式は6食セットから
送料:781〜1807円

高齢者向け宅配弁当の「選び方」をニーズごとに解説

ここからはニーズ(用途)別に、おすすめの宅配弁当メーカーを解説します。

介護者さん

やわらかい介護食が欲しい

塩分を制限しないといけないんです

高齢者向けの宅配弁当を利用する理由は、さまざまなパターンがありますよね。

高齢者向け宅配弁当の選び方
※クリックでジャンプします

やわらかい介護食のおすすめ

ちょっとやわらか宅配食の盛り付け例
やわらかダイニング「ちょっとやわらかめ宅配食」

やわらかい介護食のおすすめは「やわらかダイニング」「メディカルフードサービス」です。

どちらも、やわらかさの種類が3種類と豊富で、味も良かったです。

美味しさに大きな差は感じませんでしたが、「やわらかダイニング」の方が価格帯が安くておすすめです。

やわらか食のおすすめメーカー1食あたりの価格(最安値)
「やわらかダイニング」694円〜
「メディカルフードサービス」832円〜

詳細な実食レポも別記事でやっています

制限食・栄養強化食の種類が多いメーカー

食宅便:実食5

塩分制限などの、制限食の取り扱いが多いのは上記3メーカーです。

「メディカルフードサービス」には「歯茎でつぶせる減塩食」もあります。

通常の固さの食事でよければ、「まごころケア食」の制限食は1食460円位〜とお値打ち価格です。

制限食の取り扱いが多いメーカー制限食の種類(基本的に通常の固さ)
メディカルフードサービス・タンパク制限
・栄養強化食(やわらか食)
・塩分制限(やわらか食もあり)
・カロリー制限
・糖質制限
食宅便・低糖質
・塩分ケア
・たんぱくケア
・カロリーケア
まごころケア食・糖質制限
・塩分制限

やわらかい減塩食&栄養強化食がある

メディカルフードサービス 「やわらか食」かれいの柚味噌だれ8

やわらか食(歯茎で潰せる程度)でかつ、「減塩食」や「栄養強化食」の食事があるのはメディカルフードサービスです。

  • 「減塩食」は塩分1.7g以下
  • 「栄養強化食」は、たんぱく質18g以上

やわらか栄養強化食の詳細はこちら

介護食の味や見た目を最重視したい

あいーと:豚の角煮の実食4
あいーと「豚の角煮」(舌でくずせるレベル)

介護食の味や見た目を最重視したい方には「あいーと」がおすすめです。おかず一品で600円程度するので、コストは高めですが、上記写真のような「豚の角煮」などは見た目がいいですよね。

また、味にこだわりたい方には「メディカルフードサービス」もオススメ。凍結含浸法という製法で、高い栄養価もキープしています。実食してみると素材の風味も強く感じました。

味・見た目がハイクオリティな介護食やわらかさの種類
あいーと・舌でくずせる(やや硬さにバラつきあり)
・噛まなくてよい
メディカルフードサービス・歯茎でつぶせる

味・見た目がハイクオリティな2社については別記事で詳しく解説しています!

価格の安さを重視したい

食宅便:実食6
食宅便のチキンカツ(歯茎で潰せるレベル)

食宅便は、やわらか食もコスパが良い&お試しセットが安い!

やわらかい食事=介護食は製法に手間がかかる分、値段は高くなりがちです。

しかし」の歯茎でつぶせる介護食は、1食620円〜とコスパが良いです。

言語聴覚士ツバメ

「とりあえず宅配食を試してみたい」という方には「食宅便」がコスパ的にもオススメ。やわらかい食事と、通常食もあります。

まごころケア食は制限食が安い!

」は「通常食・糖質制限・塩分制限」のお弁当が最安。

1食あたり460円〜でかなり高いコスパです。送料も無料です。

母体である(株)シルバーライフは「まごころ弁当」「配色のふれ愛」など、老人ホーム向けの食事事業を運営しています。

言語聴覚士ツバメ

シルバーライフは「知る人ぞ知る介護食業界の大手」って感じ。なので品質も安心です。

特別な日にオススメの介護食

あいーと:うなぎ
あいーとの「うな重」
  • あいーと

特別な日や、お祝いにオススメなのが「あいーと」の介護食。なんと、うな重なども取り扱っています。

柔らかさは、舌でくずせる程度です。

その他にも「牛肉の赤ワイン煮」など、他のメーカーには無いようなメニューがあります。

宅食サービスを利用するメリット・デメリット

「宅食サービス」を利用する上で、知っておきたいメリット・デメリットを解説します。

まず、最大のメリットは調理などの手間が省けて「時短」になることです。

デメリットは、自炊と比べるとコストが高くなりやすい点。しかし「自由な時間を産める」とを考えると一食600〜700円程度でも全然元がとれるハズです。

見落としがちなデメリットは「冷凍庫のスペースが必要」なこと。大量に保管するのには広いスペースが必要なことですね。

※下記にメリット・デメリットをまとめます

宅食サービスのメリット

  • 介護食の調理の手間がはぶける
  • 介護負担が減らせる
  • 洗い物も減らせる
  • 安定した味で提供できる

宅食サービスのデメリット

  • 自炊と比べるとコストがかかりやすい
  • 冷凍庫のスペースが必要

「時間がないとき用にストック」しておくのもオススメ

毎日の食事全てを「宅食サービス」に置き換えてしますと、コスト面などが心配になりますよね。

保管する、冷凍庫のスペースもたくさん必要です。

でも別に、毎食「宅配食を食べる」前提じゃなくていいんです。

  • 疲れた日
  • 忙しい日
  • 介護を代行してもらうとき

食事の準備が大変だな…と思ったときの為に、ストックしておけるのも冷凍介護食の大きなメリットです。

コスパ・効率のよい介護食との向き合い方
  • 普段は自炊もして、サッと使える「冷凍宅配食」も準備しておく

「今日は疲れた!」「時間がない!」という日にはレンジでチンするだけです。

効率のよい介護だと思います。時間とコストのバランスが良いです。

言語聴覚士ツバメ

介護者さんは、ついつい無理をしがちです。できる範囲での効率化はしてほしいです。

結論:高齢者向けの宅配弁当をうまく使って「介護負担の軽減」をしましょう

以上、介護食の専門家が選ぶ、高齢者向けの宅配弁当サービスでした。

宅配弁当(宅食)のサービスは、上手に使うことで介護負担の軽減につながります。

特に冷凍タイプのものは、ストックをしておける点も便利です。

下記のような介護者さんは、利用するメリットが大きいです

宅配弁当(宅食)を利用したほうがよい人
  • 介護疲れが溜まってきている
  • 時間に追われている
  • 疲れた日は楽できるように工夫したい

正直、介護食の調理ってかなり大変ですよね。在宅介護の現場で働いているとそう思います。

1日3食作ってたら、食事介助も入れて1回あたり2時間=1日6時間が食事で潰れるのはざらです。

言語聴覚士ツバメ

家庭で介護されている方はぜひ、宅食サービスをうまく使って、ご自身の時間を確保してください。

介護負担を減らすことと、「サボってる」ということとは違います。

長期化する介護生活は、マラソンのようなものです。むりせずに走り続けられるよう、ペース調整をするべきです。

また、離れて暮らす両親に向けて、プレゼントするのも喜ばれるかもしれませんね。なによりも実用的です。

最後に比較表を載せておきます

スクロールできます
メーカー総合評価やわらか食制限食・栄養強化食見た目価格(1食あたり税込)最小注文数送料

値段や味のバランスが良い3種類
・ちょっとやわらか
・歯茎でつぶせる
・舌でつぶせる
なしややしっかりめ見た目もよい694円〜7食から初回無料
通常:770円
定期:385円

食宅便のロゴ
種類が豊富で見た目もよい2種類
・歯茎でつぶせる
・歯茎でつぶせる(あいーと)

4種類
・低糖質
・塩分ケア
・たんぱくケア
・カロリーケア
普通のお弁当に近い見た目もよい620円〜7食から通常:780円
定期:390円
メディカルフードサービス:ロゴ
栄養価やクオリティは高いが、やや高コスト3種類
・歯茎でつぶせる
・歯茎でつぶせる+減塩
・舌でつぶせる
4種類
・タンパク制限
・塩分制限
・カロリー制限
・糖質制限
素材の風味が強い見た目もよい832円〜6食のお試しセットから送料無料!
(一部離島など除く)
まごころケア食:サムネイル
制限食が高コスパ。やわらか食はなしなし3種類
・健康バランス
・糖質制限
・塩分制限
よくも悪くも普通普通食と変わりなし462円〜初回限定7食セットが3,980円(送料も無料!)送料無料!

介護食よりも、通常食に力を入れている印象2種類
・すこし噛みやすい程度
・舌でつぶせる
なしよくも悪くも普通やや介護食感あり680円〜介護食はお試しセットなし(8食セットから)送料一律800円
あいーとのロゴ
あいーと
味・見た目はハイクオリティ。単品なので高コスト2種類
・舌でくずせる
・噛まなくてよい
なしかなり美味しく、素材感もあり美味しそうな見た目580円〜
(おかず一品の値段)
Amazonなら1食から
公式は6食セットから
送料:781〜1807円
高齢者向け宅配弁当のおすすめ6つ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次:クリックでジャンプ