【言語聴覚士】新卒〜2年で辞めるのはアリ?1年半で退職した実体験から言うと、アリ!

言語聴覚士「1〜2年の退職はアリなのか」アイキャッチ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問STのツバメです。

新人STだけど、もうすでに仕事辞めたい!

そんな方も少なくはないと思います。

理由はさまざまだとは思いますが「1年半で最初の病院を辞めた僕の目線」で、早々と退職してもいいパターンを解説します。

参考になると嬉しいです。

この記事でわかること
  • 1~2年の経験で次の職はあるのか
  • 若手STが仕事を辞めたくなるパターン
  • 退職を検討していいパターン

先に簡単な結論

1〜2年で辞めたとしても、またSTとして働くことは全然可能
仕事がうまくいかない主な原因が「自分」にあるのか「環境」にあるのかを見極めて行動するべき。

目次

「最低3年」は、無難な選択。体調やストレス次第では耐えるのもアリ

よく言われるのが「最低3年は働こう」ですね。

これはとても理にかなってると思うんです。

  • 1年目 :予習
  • 2年目 :独り立ち
  • 3年目 :復習

その職場でのスキルは3年くらいで一旦完成するんじゃないか、と僕も思います。

逆にいうと、3年目以降は徐々に「その職場をうまく回すため」のスキルが重要になってきます。

STは「転職しやすい」のも長所のひとつ

「3年で仕事辞めました」というのが、転職に有利に働くことはないでしょう。

前述の通り、やはり3年くらい働いておく方が「無難」だとは思います。

しかし、STとしての転職は「一般的な転職よりは遥かにハードルが低い」のも事実です。

STの転職はハードルが低い理由

  • 国家資格である
  • PT・OTと比べても、レアな人材である
  • STの人員不足な施設も多い

僕も1年半くらいで、病院勤務を辞めてます。

そこから訪問リハ希望で数社受けましたが、採用を希望されたのは3/4件

訪問STツバメ

3件のなかから今の職場を選んでます。

同期でも、1~2年で職場を変えた人は結構います!

  • 回復期を1年で辞めて生活期
  • 回復期を2年で辞めて、別の回復期
  • 大学病院を1年辞めて、回復期

「辞める辞める」と言ってる人ほど辞めない

ちなみに、行動力がある人ほど、スパッと職場を辞めていきます。

自分の価値がちゃんと分かってるんですね。

マイナビのこの動画のような状況、一般企業でもめっちゃあります。

訪問STツバメ

「辞めるという人ほど辞めない」ほんと、あるあるです…。

本当に職場を辞めたいのなら、行動あるのみです。「辞める!」と愚痴を漏らすことで、微妙にガス抜きしてる場合じゃないです。

なかなか行動に移せない人は、「マイナビコメディカル」などの転職エージェントに登録しましょう。利用無料なのでノーリスクで行える「行動」のひとつです。

エージェントに「経験1~2年で退職を考えているんですが、どこか需要ありますか?」と聞けば、現状が把握できるので。

まずは、自分の価値を知るのが大事と思います。

ただ、担当者の言うことには、流されすぎないように注意して下さい。向こうも人間ですし、当たりはずれもあります。

「転職エージェント利用の注意点」はこの記事で解説しています。

求人票の経験年数は、満たしていなくても応募できる

職場を変えたいな…と思って、求人票をみると、「経験年数」が足りないということがあると思います。

実は、この経験年数は満たしていなくても応募できる場合があります。

僕も訪問リハに転職を考えた当時、経験1年半でした。求人票には「経験3年以上」の記載がほとんど。だけど、条件を満たしていなくても構わずに連絡していました。

「訪問リハがやりたいんです」と。結果として、問い合わせた全ての求人で面接に繋がっています

・「経験3年以上」とあったが面接を受けれた訪看: 4/4件

・面接の結果、採用したいと連絡があった: 3/4件

「訪問リハに必要な経験年数」については下記の記事で詳しく解説しています。

1年以上働いていれば、失業手当をもらうことができる

雇用保険に加入している期間が12ヶ月以上あれば、失業手当をもらうことができます。
なので、1年未満での退職を考えている人は注意したいことろです。

訪問STツバメ

1年働けば、90日分〜の失業手当を申請できます。

「仕方ない理由での退職」は、6ヶ月〜の勤務で手当を受け取れる場合があります。

また、失業手当は「自己都合」か「会社都合」どちらでの退職かによって、大きく対応が変わります。

会社都合になる可能性があるもの(例)

  • 病気・心身の障害で離職
  • 妊娠・出産・育児等が理由
  • 結婚に伴う住所変更 …など

自己都合 → 退職から2ヶ月後から支給が開始(給付制限期間)
会社都合 → 制限なしで支給開始

※どちらもハローワークでの申請から7日の待機期間があります
※2020年10月より、自己都合退職の給付制限期間が3ヶ月→2ヶ月に短縮されています

失業手当についての質問は、直接ハローワークに問い合わせるのが確実だと思います。

参考:ハローワーク「よくある質問」
※失業手当についてはページ下部「雇用保険について」にまとめてあります。

参考:SHARES LAB【雇用保険】
※2020年10月より、失業等給付の給付制限期間が「3ヵ月→2ヵ月」へ変更に

新人STが、職場を辞めたくなるパターン4つ

「そもそも何で仕事を辞めたくなるのか?」

新人STは以下のようなパターンで辞めたくなることが多いです。

新人STが仕事を辞めたくなるパターン

  1. 先輩たちの様に仕事をこなせない焦り
  2. 職場の人間関係やシステムに不満がある
  3. STの仕事自体に疑問を感じた
  4. 激務すぎて体がもたない

上記のなかで、全く「問題視しなくていい」と思うのは①のパターンです。

① 退職は急がなくていい!:「仕事をこなせない」のは仕方ない

新人STさん

「先輩たちの様に仕事をこなせない…」

もし、1~2年目のSTで。主な悩みがこれだとしたら、職場を辞めるほどのことではないと思います。とういか、残念ながら1~2年で理想のSTになれる訳がないです。

訪問STツバメ

そんなに甘くないです。中堅以上も苦悩してます。

これは逆にいうと「先輩のようになりたい」という感情の裏返しです。
そこで仕事を続けて「先輩STを目標にする」ほうがいいと思います。

② 退職を検討しよう:職場や人間関係の不満がある

逆に、1~2年目でも退職を検討してよいパターン、その代表格は「職場や人間関係の不満」です。

例えば「先輩・上司のようになりたくない」場合ですね。
①のパターンとは逆です。

こういう問題は、場所が変わらないと解決しないです。

訪問STツバメ

むしろ早めに退職しないと「無駄な時間」を過ごす可能性も。

③ 退職を検討しよう:STの仕事自体に疑問を感じる

  • そんなつもりじゃなかったのに、気づけば嚥下嚥下…
  • これって、誰でもできる仕事じゃないの?
  • あまり専門性が高い仕事と思えない

上記のように、STの仕事自体に疑問を感じている声をききますが、
僕としては、STはきちんと専門性がある「国家資格」だと思っています。

これも、職場環境によるところが大きいと思います。

【例】
僕がいた病院だと「看護師の判断で食形態が上がってる」などは日常茶飯事。
本来は、STに相談するようになっているハズなんですが…。
そういう職場だと「STいなくてよくない?」と思うこともありますよね。

また、STは分野によって、仕事内容が大きく変わります。
小児、聴覚や吃音など「STならでは」の分野を検討するのもありだと思います。

④ 必ず!退職を検討しよう!:激務すぎて体がもたない

「体がもたない」これだけは注意して下さい!

特に病院勤務などは激務が多いですよね。同じ業務でも、体力や精神のすり減りかたは人それぞれ。

真面目な人ほど「合わない職場」で頑張りすぎて体を壊す傾向にあります。

もしも体調に異常があるなら「退職」や「休職」を早急に検討して下さい!!

限界を感じるなら、一度パート勤務や非常勤など、時間に余裕が持てる働き方をしてもいいと思います。

無理して、STを一生をやれなくなるくらいなら、少しづつでも経験を積んで自信を持ちましょう。

訪問STツバメ

僕は現在「パートST」を選択しています。

僕が実際に経験した「病院勤務での体調不良」などについてはこの記事で詳しく解説しています。

結論:1~2年で辞めても仕事はある。だけど勢いではく、考えを整理してから動こう

  • 国家資格であるSTは転職しやすい仕事
  • 経験が浅くても次の職はある
  • 「仕事が出来ない」のが辞めたい理由なら、様子をみていい
  • 辞めるなら、次にどうしたいかを考えてから行動する
  • 体調が悪くなってる場合は、早急に退職の検討を!

ポイントをまとめると上記のようになります。

僕は「職場を変えやすい」のもメリットだと思って国家資格を取りました。一般企業の経験からいうと、はるかに身軽です。

「手に職がある」というのはスゴいことなんです。

STがちゃんと重宝されていない職場なら、例え1年目でも退職していいです。

無料で転職のプロに相談できる転職エージェントなど、便利なサービスもあります。

あらゆる手を駆使して、自分らしく働ける職場に移りましょう! そのための国家資格です。

失敗しない「転職エージェントの選び方」はこの記事で解説しています。

言語聴覚士「1〜2年の退職はアリなのか」アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる