【我慢は禁物】言語聴覚士なら1〜2年でも職場を辞めていい!実体験から理由を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問STのツバメです。

言語聴覚士として働く若手のみなさん、仕事の調子はいかがでしょう。

新人STだけど、もうすでに仕事辞めたい!

せっかく国家資格を取って就職したのに、早くもめっちゃ仕事辞めたい。そんな状況の人も少なくはないと思います。STはなかなかハードな仕事です。

でも実際に退職を考えたら、不安なことも多いですよね。

早期退職するのに感じる不安

  • 1〜2年で辞めたら再就職できないかも
  • もしかしてST自体に向いてない?
  • また職場選びで失敗するかも…

色んな不安があると思いますが、結論を言います。

STは1〜2年で職場を辞めて転職するのも全然アリです。

実際に、僕も最初の回復期は1年ちょいで退職しています。そのあとすぐ、訪問看護ステーションで雇ってもらえました。

今回は、実際に病院を早期退職した僕が「早期に退職や転職を検討していいパターン」を解説します。

訪問STツバメ

参考になると嬉しいです。

この記事でわかること
  • 1~2年の経験で次のST職はあるのか
  • 若手でも退職を検討していいパターン
  • 逆に退職を待ったほうがいいパターン
目次

「3年働く」のは正直無難な選択。体調やストレス次第では耐えるのもアリ

いきなり真逆のことを言うようですが「3年働く」のはかなり無難です。

どの業界でもよく言われますよね。これって、理にかなってると思うんです。

  • 1年目 :予習
  • 2年目 :独り立ち
  • 3年目 :復習

どんな職場でも大きな一年の流れってあると思います。

3年働くことで、その職場で働くための予習復習ができます。

訪問STツバメ

なので職場は辞めたいけど、まだ気持ちに余裕がある人は「とりあえず3年働く」のも全然アリだと思います。

STなら3年も我慢せずに辞めていい理由3つ

「3年働くのが無難」なのはわかった。

わかったけど、そんな状況じゃないくらい「すぐにでも仕事を辞めたい」人もいますよね。特にSTの場合は、早めに退職に向けて行動していいと思います。

ただ、最低でも1年は働くことをオススメします。詳細はまた後述しますが、1年以上働いていると失業手当が貰えるからです。

①:STはまだレア職種なので次の職場は見つけやすい

「すぐに仕事辞めました」というのが、転職に有利に働くことはないでしょう。

前述の通り、やはり3年くらい働いておく方が「無難」だとは思います。

だけど、STの転職は一般的な転職より遥かにハードルが低い」のも事実です。

ST転職のハードルが低い理由

  • 国家資格保持者である
  • PT・OTと比べてレアな人材である
  • STの人員不足な施設も多い
訪問STツバメ

僕の同期とかでも、早期退職しちゃった人は結構います。でも「次の職場が見つからなくて困った」という人の方が少ないですね。

早期転職のパターン例
  • 回復期を1年で辞めて生活期へ
  • 回復期を2年で辞めて、訪問看護ステーションへ
  • 大学病院を1年で辞めて、回復期へ

②:求人票の経験年数に足りていなくても応募はできる

辞めたいST

仕事辞めたい…と思って、求人票をみても、転職求人の「経験年数」が足りない!

訪問STツバメ

お悩みですね。でも実は経験年数が足りてなくても採用されるパターンがありますよ!

辞めたいST

ええ、本当ですか!

訪問STツバメ

実際僕が1年で病院辞めて、「3年以上」で募集してた訪看に入ってます。

仕事は辞めたいけど、転職するためには経験年数が足りない。だから辞められない。そんな人もいるでしょう。

実は、求人票の経験年数は足りていなくても応募できる場合があります。

例えば、僕が訪問リハに転職した当時、実務経験は1年でした。でも求人票には「経験3年以上」の記載がほとんど

諦めるのは早いです。とにかく、まずは問い合わせです。

経験年数が足りない求人に応募した結果

  • 年数が足りなくても面接をしてくれた:4/4件
  • 面接の結果、採用したいと連絡があった:3/4件

実際に連絡してみたら、経験年数が足りていなくても全ての求人で面接に。そのうち3件は僕を採用したいと言ってくれました。

大きな施設は、厳格な採用基準などあるかもしれません。だけど「STなら多少経験が短くても雇いたい」と考えている施設は多いです。

訪問STツバメ

STの応募を、数年間待ち続けた…なんて職場もあります。ウチもそう。

「訪問リハに必要な経験年数」については下記の記事で詳しく解説しています

③:1年以上働けば、失業手当を貰いながら転職活動できる

雇用保険に加入している期間が12ヶ月以上あれば、失業手当をもらうことができます。

なので、1年未満での退職を考えている人も、できれば1年は働きたいところ

そして失業保険の給付条件は、勤続1年〜5年の範囲なら変わりません。

・1年働けば、90日分〜の失業手当を受給できます。
・「仕方ない理由での退職」は、6ヶ月〜の勤務でも手当を受け取れる場合があります。
参考:マイナビ転職「失業手当(失業保険)はどんな人がもらえる?

訪問STツバメ

失業手当を受け取りながら転職活動ができれば、気持ちがずいぶん楽ですよね。

あと、失業手当は「自己都合」か「会社都合」どちらでの退職かによって、大きく対応が変わります。

どうにか会社都合にならないかも、チェックしてみましょう。

会社都合の退職になる可能性があるもの(例)

  • 病気・心身の障害で離職
  • 妊娠・出産・育児等が理由
  • 結婚に伴う住所変更 …など
失業手当は「自己都合」か「会社都合」かで給付の条件が大きく変わる

自己都合 → 退職から2ヶ月後から支給が開始(給付制限期間)
会社都合 → 制限なしで支給開始

※どちらもハローワークでの申請から7日の待機期間があります
※2020年10月より、自己都合退職の給付制限期間が3ヶ月→2ヶ月に短縮されています

失業手当についての質問は、直接ハローワークに問い合わせるのが確実

参考:ハローワーク「よくある質問」
※失業手当についてはページ下部「雇用保険について」にまとめてあります。

参考:SHARES LAB【雇用保険】
※2020年10月より、失業等給付の給付制限期間が「3ヵ月→2ヵ月」へ変更に

STの仕事を辞めたい理由4つを、深刻度ごとに深掘り

ここからは「そもそも何で仕事を辞めたくなるのか?」について考えましょう。

新人STは以下のようなパターンで辞めたくなることが多いです。

新人STが仕事を辞めたくなるパターン

  1. 先輩たちの様に仕事をこなせない焦り
  2. 職場の人間関係やシステムに不満がある
  3. STの仕事自体に疑問を感じた
  4. 激務すぎて体がもたない

上記のなかで、全く「問題視しなくていい」と思うのは①のパターンです。

① 退職は急がなくていい:「仕事をこなせない」のは仕方ない

新人STさん

「先輩たちの様に仕事をこなせない…」

もし、1~2年目のSTさんで主な悩みがこれだとしたら、職場を辞めるほどのことではないと思います。

残念ながら1~2年で理想のSTになれる訳がないです。

訪問STツバメ

そんなに甘くないです。中堅以上も苦悩してます。

これは逆にいうと「先輩のようになりたい」という感情の裏返しです。

そこで仕事を続けて「先輩STを目標にする」ほうがいいでしょう。

なので退職の緊急度は低め。

② 退職を検討しよう:職場や人間関係の不満があって辞めたい

逆に、1~2年目でも退職を検討してよいパターン。代表格は「職場や人間関係の不満」です。

例えば「先輩・上司のようになりたくない」場合。①のパターンとは逆です。

職場の労働環境がブラック過ぎて耐えられない場合も同じです。

場所が変わらないと解決しない問題は、自分が離れることで解決するのが一番です。

訪問STツバメ

むしろ早めに退職しないと「無駄な時間」を過ごす可能性もありますよね。

③ 退職を検討しよう:STの仕事自体に疑問を感じるので辞めたい

  • そんなつもりじゃなかったのに、気づけば嚥下嚥下…
  • これって、誰でもできる仕事じゃないの?
  • あまり専門性が高い仕事と思えない

上記のように、STの仕事自体に疑問を感じている声も聞きます。

でも僕としては、STはきちんと専門性がある「国家資格」だと思っています。

仕事の意義自体に疑問を感じる場合、原因は職場環境にあるでしょう。

【例】
僕がいた病院だと「看護師の判断で食形態が上がってる」などは日常茶飯事。
本来は、STに相談するようになっているハズなんですが…。
そういう職場だと「STいなくてよくない?」と思うこともありますよね。

あと、STは分野によって、仕事内容が大きく変わりますよね。

小児、聴覚や吃音など「STならでは」の分野を検討するのもありだと思います。

④ 必ず!退職を検討しよう:激務すぎて体がもたないので辞めたい

「激務すぎて体がもたない」。これだけは注意して下さい!

特に病院勤務などは激務が多いですよね。そして同じ業務でも、体力や精神のすり減りかたは人それぞれです。

真面目な人ほど「合わない職場」で頑張りすぎて体を壊す傾向にあります。

もしも体調に異常があるなら「退職・転職」や「休職」を早急に検討して下さい!

限界を感じるなら、非常勤など時間に余裕が持てる働き方をしてもいいです。

無理して一生STをやれなくなるくらいなら、少しづつでも経験を積んで自信を持ちましょう。

訪問STツバメ

僕は現在「パート(非常勤)ST」を選択しています。

「辞める辞める」と言ってる人ほど辞めないので、黙って行動しよう

マイナビのこの動画のような状況、一般企業でもめっちゃあります。

そして行動力がある人ほど、黙ってスパッと職場を辞めていきます。

自分の価値がちゃんと分かってるんですね。

訪問STツバメ

「辞める」という人ほど辞めないは、ホントあるあるです…。

本当に職場を辞めたいのなら、行動あるのみです。

「辞める!」と愚痴を漏らすことで、微妙にガス抜きしてる場合じゃないです。

なかなか行動に移せない人は、「PTOTSTワーカー」などの転職エージェントに登録しましょう。利用無料なのでノーリスクで行える「行動」のひとつです。

エージェントに「経験1~2年で退職を考えているんですが、どこか需要ありますか?」と聞けば、現状が把握できます。

まずは、自分の価値を知ることが大事です。


※リハ専門転職エージェントで最大手

別の記事で転職エージェントの選び方も解説しているので、参考にして下さい。

結論:STなら仕事辞めても転職先はある。だけど勢いではく、考えを整理してから動こう

ポイントをまとめると上記のようになります

  • 国家資格であるSTは転職しやすい仕事
  • 経験が浅くても次の職はある
  • 「仕事が出来ない」のが辞めたい理由なら、様子をみていい
  • 辞めるなら、次にどうしたいかを考えてから行動する
  • 体調が悪くなってるときは、早急に退職の検討を!

「STが1〜2年で職場を辞めるのはアリなのか?」。僕の実体験も踏まえて解説しました。

1〜2年でも職場を変えるのはアリです。

僕は「職場を変えやすい」のもメリットだと思って国家資格を取りました。一般企業の経験からいうと、はるかに身軽です。

「手に職がある」というのはスゴいことです。

STがちゃんと重宝されていない職場なら、例え1年目でも退職していいです。

訪問STツバメ

あらゆる手を駆使して、自分らしく働けるようにしていきましょう!

退職に不安がある人は「求人を見まくる」「転職エージェントに登録してみる」などの行動をしましょう

まず、自分にどんな選択肢があるのかを把握することが大事です。

失敗しない「転職エージェントの選び方」はこの記事で解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる