言語聴覚士|一旦仕事をやめたほうがいいのは、体調に異常がある場合。うつ病になった僕の例

URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問STのツバメです

今回はずっと掘り下げようと思っていて、なかなか筆が進まなかったテーマを書きます。

仕事のストレスと体調不良についてです。

僕は、最初に働いた病院が合わず、1年ちょっとで退職しています。

なんでそんなに早く退職へ踏み切れたかというと、体調を崩したからです。早い話、メンタルがやられました。うつ病です。

その経験から出した結論は、ストレスで体調不良になってしまったら、一旦仕事は辞めたほうがいいということです。

僕は一度、ST自体を辞めるギリギリまで落ち込みました。

特に若手STのみなさんに「同じような状況」にはなって欲しくないので、ここでは僕の経験した体調不良を解説します。

訪問STツバメ

体調に不安のあるSTさんの参考になると嬉しいです。

目次

ストレスで生じた体調不良。どんな症状が現れたのか解説

前述の通り、仕事がきっかけでうつ病になりました。

でも、そうなるまでに「おかしいな」と思うポイントはたくさんあったんですよね。

実際に心療内科で診断を受けるまでに、どのような症状があったのかを解説します。

僕が実感した精神的異変

  • うまく笑えない
  • 無気力
    (朝なども起き上がれないカンジ)
  • 強迫観念
    (何度も手を洗うなど)

精神的な異変は、もしかしたらまだあったもしれません。正直なところ、当時の記憶は曖昧なんですね。

頭がぼーっとして回らない感じです。

ハッキリ覚えているのは、働きだして1年が過ぎたころ、急に朝起きる辛さが増したことです。眠くて起きれないのとは少し違う感覚です。

仕事の日は使命感からか動くことができるんですが、休みの日が辛かったです。目は覚めても、なんだか体が重くて動かないんです。

ストレスから生じた身体的異常

  • 異常な体重減少
  • 異常な肌荒れ
  • 食欲不振
  • 閉鎖空間での動悸
  • まぶたが痙攣する
  • 口内炎多発
    (同時に10個とか)
  • ヒステリー球
    (嚥下時の違和感)

次に、身体的異常です。精神的な異常と比べて変化を感じやすので、みなさんも見逃さないで欲しいです。同じような症状があれば注意が必要です。

特に印象的だったのは「口内炎の多発」ですね。

当時、体重減少や、その他の異常はすでにあったのですが、見ないふりをしてました。

でも、口内炎だけは「まともに喋れない」ので、仕方なしに歯医者に行くことに。レーザーで患部を焼いてくれる歯医者があって、少しはマシになるだろうと思ったんです。

口内炎治療のときの歯医者さんのリアクションで、自分の体がおかしくなってると実感したんです。

歯医者さん

…お身体、大丈夫ですか? 普通はこんな大量の口内炎はできませんよ。

すごく心配そうな顔で言うんです。先生は、ベーチェット病などの疾患も疑われてました。

結局、大きな病気はなかったけど、心療内科で「うつ病」と診断されました。軽度だったのが幸いです。薬も出してもらって、だいぶ落ち着きました。

少し症状が落ち着いたら、頭が回るようになりました。逆にいうと、頭が回ってなかったことにそこで気付きました。

職場を変えてからは全ての異常は落ち着いた

精神的にも身体的にも異常をきたしていた僕の身体ですが、職場を変えた今は全ての症状が消失しています。

今は訪問看護ステーションで働いていますが、僕には今の職場の方が合っているようです。

ストレスからくる体調不良は、環境が変われば改善する可能性があります。

仕事がストレスだった理由①:ST業務のプレッシャーがエグい

そもそも何でそんなに仕事にストレスを感じていたのか。その点もぶっちゃけて話します。

まず、STの仕事って責任重大じゃないですか。リハビリの内容次第で、人様の人生が左右される。そう思うとすごいプレッシャーですよね。

嚥下に至っては「誤嚥」や「窒息」など命に関わる判断を迫られます。

1年目のヒヨッ子に、このプレッシャーは単純にキツかったです。

僕は一般企業出身で、なかなかのブラック企業で働いた経験もあります。そのなかでも、STの仕事のプレッシャーはかなり高いと感じました。

訪問STツバメ

人の人生を左右する決断なんて、そうそうないですからね。

STの仕事はストレスが高い
  • 嚥下のプレッシャーがエグい
  • 命に関わる判断もDr.から丸投げされる場合がある
  • 若手の頃は訓練内容に自信が持てない
  • 担当する人の人生を左右する仕事である

STの悩みについては別の記事も書いています

仕事がストレスだった理由②:病院という組織が合わなかった

病院のイラスト

病院で働いている方は、共感してもらえる「かも」しれません。

病院って、よくも悪くも融通の効かない組織ですよね。ルールに縛られて思うように訓練が行えなかったりもしました。

あと、僕がいた病院は看護部がリハに高圧的でした。リハの新人は高確率で理不尽な文句を言われたり、業務時間後に呼び出されて説教されたりします。言葉を選ばなければ…単純にパワハラです。

人には向き不向きがあると思います。僕の場合、今振り返ってみてもあの職場は向いていませんでした。

僕に病院勤務が合わなかった理由については、別の記事でも詳しく解説してます。

ストレスで体調不良になった他のSTさんの例

他にも、僕が知っているSTさんだけでも体調不良をきたした例は多数あります。

人様の話なので、いくつか概要だけまとめます。

原因不明の動悸・手の痺れが慢性化

「動悸」「手の痺れ」などの体調不良を訴えていたSTさん。たくさんの病院を回れども原因不明。

結局、職場を変えたら全ての症状が消失したそうです。

仕事に行こうとすると腹痛。そして嘔吐してしまう

1年目から20単位がノルマの急性期。結局病院は辞めて、それからSTはやってないようでした。

仕事中、悲しくもないのに涙が出る

同じ職場で働き続けていて5年目くらい。自分の意思と関係なく涙が出る時期があったそうです。仕事はそのまま続けたけど、どう考えてもアレはおかしかったと。

結論:体調不良になってしまったら、言語聴覚士の仕事を一旦やめたほうがいい。自分のQOLが一番大事

以上、「ストレス性の体調不良」についてでした。

結論としては「体調崩してまでSTを続けないで!」ということです。一旦仕事を離れるのもアリだと思います。

僕は、STの仕事を「やりがいのある素晴らしい仕事」だと思っています。ただ、そのやりがいが故に様々なプレッシャーを感じるのも事実だと思います。悪く言えば割に合わない部分も大きいです。

STは国家資格です。需要もまだあります。

無理して体調を崩すくらいなら、もっと自分に合う職場を探しましょう。STを続けられるようにしましょう。

もう限界かも…と感じている人が、ポジティブに動くきっかけになると嬉しいです

一回、心療内科行こうかな…。

職場を変えるように動こうかな…!

今回はちょっと重たい話題だったかもしれません。

もしかしたら、STを目指す人や若手のSTさんの不安を煽る内容かもしれませんね。

でも、全国に少なからずいるであろう「あの頃の僕」のようなSTに向けて、参考になればと思い記事にしてみました。

このままではマズいと感じるのも、その現状を変えるのもアナタ自身だと思います。

訪問STツバメ

どうかまずは、ご自分をお大事に。

リハツバメでは他にも「リハ職向けお役立ち記事」を更新中です!

リハプリント・臨床・働き方などで反響の多い記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる