【3年以上?】訪問リハビリに必要な経験年数について考える

訪問STツバメ

こんにちは! 訪問ST(言語聴覚士)のツバメです。

最近、訪問リハについて友人やSNS経由でも質問されることが増えてきました。

そのなかで割と多いのが、経験年数についての質問。

やっぱり訪問リハ=経験がないと働けない、というイメージがあるようです。

ぶっちゃけ僕は病院での実務経験1年ちょっとで訪問リハ(訪看勤務)に移りました。

訪問看護ステーションに勤務する、訪問リハのSTです。

そんな僕が、実際に必要な経験年数について考えていみます。

目次

求人票は「実務経験3年以上」が多い。それって必要?

求人票では「経験年数●年以上」などの表記がされているところが多く、ひとつの目安としては3年でしょうか。

当然、それ以上を求めるところもありますし、経験を求めないところもあり様々です。

経験はなくても訪問リハでは働ける

経験年数はなくても訪問リハで働くことは可能です。

別に法律で経験年数が定められている訳でないからです。新卒で訪問リハに就職したという話も珍しくはないです。

1年ちょっとで訪看勤務に転職したときの、僕の実例

僕の場合は回復期病棟での実務経験1年ちょっとで退職しました。

非効率な業務に嫌気がさしたのと、看護部からのパワハラが主な要因です。

そこから半年ほどかけて転職活動をしたのですが、病院はどこも似たようなものだろうという認識があったので、次は「老健」とか「訪問リハ」などに絞って考えていたんですね。

第一志望は訪問リハだったので求人の「経験年数」が壁になってきます。

で、そこでぶっちゃけ、どうしていたか?

それは「募集の経験年数を満たしていなくても応募」です。

「経験は少ないですが、訪問リハがやりたいので面接をさせてくれませんか?」と。

転職エージェントを通してもいいですし、直接電話できるところは電話しました。

結果、ほとんどの事業所はそれに応えてくれました。

むしろ面接後に「採用したい」と返事をもらったものの、最終的な条件が合わず(金銭面デスネ)こちらからお断りする場合もありました。

つまり、求人票の経験年数は気にしなくていいです。

あくまで雇用側の理想であって、実際に会ってみての人柄などをみて決めることが多いでしょう。

いまの勤務先は経験の浅い僕にSTの立ち上げを任せてくれました。そういうところもあるんです。

僕の周りでも訪問に転職したSTやリハがいますが、経験なし~3年までの人も全然います。

人手を欲しがっているところが多いのですが、みんな新しい分野への転職にはビビるので人が増えにくいんですね。

経験年数が短くて、業務に支障がでないのか

経験年数が短いことで、業務がうまくいかないことがあるのか?ともよく聞かれます。

答えとしては「ある」とします、が、

それってどこで働いていても、ありますよね?

友人ともよく話すのですが、病院勤務などと訪問リハでは考え方がかなり違います。

むしろ「考え方」が固定されがちなので下手に病院勤務が長いとハンデにすらなり得ます

担当する疾患のタイプも、病院と訪問で変わる可能性があります。

担当する人の疾患の変化(僕の場合)

病院では…脳血管障害の方がほとんど

訪問では…パーキンソン系など神経難病の方がほとんど

これは僕の経験が浅いとかではなくて、前の病院では基本STは脳血管しかみていなかったから。

たとえ病院に10年いても、たいしたアドバンテージにはなりません。

急変対応などは不安じゃないの?

また、急変などのトラブル対応が必要な為、訪問では経験年数が必要というイメージもあるでしょう。

しかし、訪問とはいえチームで動いています。

何か著変があれば看護と連絡をとりますし、指示を仰ぎます。少なくとも僕や友人のステーションはそうです。

病院リハと訪問リハではそもそも根本が違う

病院と訪問の大きな違いに、そもそものリハ介入の目的の違いという点があります。

病院では…(とりあえずは)退院がゴール!

そこに向けてチームが行動します。もちろん退院後のことも考えるでしょうが。実質こうなりがち。

訪問リハでは…実際の生活場面でQOL向上をめざす

「家」で暮らしているので、利用者本人や家族の意向が優先。例えばSTなら食形態の決定権は利用者にあります。

STだとトロミ対応するなら死んだ方がマシ、みたいな人も多いです。しかも、その意見が通ります。

それが在宅です。トロミ指導しても、本人が対応しなければそこまでです。

こんな感じで関わり方に根本の違いがあるので、病院や施設での経験年数はそこまで関係ないと僕は思っています。

求人情報は常に把握したほうがよい

そんな訪問リハですが、求人はまだ多くないのが現状です。

情報を見逃さないために、以下の二つの方法での情報収集はしっかりやっておきましょう。

転職サイトにに登録をしておく

訪問リハに転職を考えているなら、条件にあうサイトに登録していいと思います。

利用者側は完全無料なので、損することはないですし、やっぱり情報は大切です。

数分で登録可能ですし、エージェントが条件にあった求人を探してくれたりします。

「条件交渉」ができたり「非公開求人」というサイト独自の求人にアクセスできるのがメリットですね。

対象地域や、興味のある分野を加味して選びましょう。

※転職サイトはどこも利用者側は無料で使用できます。
(求人掲載側が広告料金を払う仕組みです)

全国対応の求人なら


(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知 ・三重・奈良・京都・大阪・兵庫・和歌山・滋賀・広島・岡山が中心)

(全国対応)

都心部に特化した求人なら


※ST求人もあります
※東京近郊と大阪・兵庫に特化

介護分野のリハ求人なら


※会員登録ナシでも求人がみれます

リハ向けの転職サイト「登録の注意点」などは「この記事」で詳しくまとめてます

あわせて読みたい
リハビリ職|転職サイト・エージェントの選び方|5サイト比較。
リハビリ職|転職サイト・エージェントの選び方|5サイト比較。こんにちは!訪問STのツバメです。僕は「回復期リハ病院」から「訪問看護ステーション」勤務へ転職しています。リハ職って安定しているようで、実際は人の出入りが激し...

ハローワークの情報をチェックする

転職サイトは非公開求人や転職サポートがメリットですが、

「小規模施設の求人」はハローワークにしかないこともあります。

集まってくる情報の質が違うので両方チェックしておくべきです。

↓詳しくはこちらの記事

あわせて読みたい
リハビリ職の求人検索はハローワークでもやるべき。面接・履歴書記入の指導も受けれます
リハビリ職の求人検索はハローワークでもやるべき。面接・履歴書記入の指導も受けれます訪問STのツバメですリハ職で転職を考えるみなさん、求人情報はどこから閲覧するでしょうか?求人サイト求人情報誌転職エージェント知人の紹介これらのの方法ももちろん...

訪問リハに必要な経験年数の考察でした

以上、今回は訪問リハの経験年数に関して考えてみました。

訪問STツバメ

結果としては、僕は絶対に必要な経験年数は存在しないと思います。

今回の話は僕だけでなく、同僚・友人の会話のなかでも出てくる内容です。

僕は病院には合わなかったけど、訪問リハでのST業務にやりがいを感じているので、同じような人が増えればいいなと思ってます。

個人的にはひとつの施設に長居すると、どんどん頭が固くなると思っています。

みなさんが気軽に動けるための助けになれば幸いです。せっかくの国家資格ですから、それを生かしてなるべく好きに働きたいですよね。

訪問も楽しいですよ。人間味があって。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる