【訪問リハ編】ST職場アンケートのコメントまとめ。訪問STはストレス度が最も低めの結果に

URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問STのツバメです

Twitterで実施した「ST職場満足度アンケート」は

「7割以上のSTが職場に満足している」
 ※満足度70点以上

という前向きな結果になりましたが、実はそのなかでも

ダントツに満足度やポジティブなコメントが多かったのが

「訪問リハ」でした。

ちなみに僕も訪問看護ステーション勤務ですが、ストレスは低く職場満足度は高いです。

「ST100人アンケート」結果まとめ記事はこちら

あわせて読みたい
【アンケート分析】言語聴覚士なんてやめたほうがいい? いいえ、7割は仕事に満足しています! 訪問STのツバメです。 僕はTwitterで、訪問リハの日常などをツイートしています。 …が、タイムライン上で「病めるST」のツイートをかなり見かけます! ST辞めたい… 仕事...
目次

訪問STの「9割以上」が職場に満足している

100人アンケートで、ある程度回答の母数が多かったのは「急性期」「回復期」「訪問リハ」で、どれも20~25人程度ずつ。

「訪問リハ」の満足度の満足度の高さは下のグラフからも伺えます。

職場満足度「70点以上」の割合

ST全体 = 76%

訪問リハ = 91%

訪問リハの満足度が特に高いのは、以下のようなメリットが大きいと思います。

  1. 時間的拘束の少なさ
  2. 給与面など待遇の良さ
  3. やりがいを強く感じられる
訪問STツバメ

9割以上が「満足して働いてる」ってスゴイことですよね…

訪問ST「職場の実情」コメントまとめ(100人アンケートより)

そんな、満足度高めの「訪問リハ」ですが、ここからは職場アンケートで頂いた、訪問STさんの「本音コメント」を紹介していきます。

「ポジティブ」なものも「ネガティブ」なものもあります。私「ツバメ」もコメントしていきますね。

給与面に関するコメント

看護師が「電動自転車移動」の訪看は、訪問範囲が狭いです。

楽ですが件数が増えにくく、インセンティブで稼げません。

訪問STツバメ

電動自転車。。ウワサにはきいていました。

天候の影響など、色々大変そうですね。

時間効率は良さそう!

給料が「歩合」なのでモチベーションになる。

訪問STツバメ

歩合性だとモチベーションは上がりますよね。

僕も訪看で「歩合制のパート」ですが、割はいい仕事だと思います。

時給換算で2200~2400円くらい。

Twitterとかでも歩合で「明らかに稼げてる」訪問STさんを見かけますね。

「訪看勤務の給与」に関しては別記事を書いてますので気になる方はこちらへ

あわせて読みたい
リハ職の「年収低い問題」には「訪問リハ転職」が手堅い理由。月給10万以上アップ例も! こんにちは!訪問STのツバメです。 みなさん。リハビリ職ってやりがいのある仕事だけど、 マジで給料が上がらない!そう思いませんか。 これは構造上の問題で、診療報酬...

労働環境へのコメント

訪問リハでは、時間的拘束は比較的自由だと思います。

訪問STツバメ

「拘束」という点ではホントに自由ですよね。

移動中に音楽聞いたりして、リフレッシュできるものメリット!

設立10年になる会社に転職して8ヶ月です。

成長過程の組織ではありますが、労働環境は悪くないと思っています。

訪問STツバメ

ウチの訪看も設立10年未満ですが、自分の意見が柔軟に反映されている印象があります。

「連携が取りやすい」等の良さがあり、総合的に良い環境と思います。

ただ、「病院の大きなリハ組織」から転職した当初は戸惑いました。

訪問STツバメ

僕も「回復期 →  訪問看護ステーション」への転職組です。

確かに最初は。違うことが多すぎて戸惑いましたね。

在宅では「決定権」が利用者側にあることが、最大のポイントなのかなと思っています。

現在「パート勤務」ですので、時間は希望通りに働いています。

子育てしやすい環境で。ありがたいです。

次のステップを考えると悩みもありますが、仕事自体は好きでやりがいがあります。

訪問STツバメ

パート勤務は雑務が無くなるので、時間的な恩恵は大きいですよね。

朝礼や終礼も無いのも、朝寝坊な僕には助かります。。

株式会社が運営する訪看です。

他部門の赤字を補う為に、「営業に行く」「なるべく新規の案件を受ける」といった指示が上から来ます。

また、機能的に「リハ終了レベル」の方であっても、会社の方針で継続させられたりするのは辛いところです。

訪問STツバメ

利益確保のための介入継続…。
残念ながら、友人STからも同じ話を聞きます。

医療人としての「個人の理念」と、「勤務先の考え」のズレが大きすぎるなら、早めに職場を離れた方がいいかもしれませんね。

専門職は「転職がしやすい」のも強みだと思うので。

移動についてのコメント

移動の合間に記録等しているので、休憩なのか仕事なのか曖昧な時があります。

訪問STツバメ

訪問では休憩時間が曖昧になりますよね。

早めに移動が終わったら、車で記録を書いたり、仮眠することが多いです。

移動時間と休憩がかぶるので、1時間の休憩はなかなか取れないです。

また、ST数に対して利用者が少ない状況です。

周りに競合も多くコロナ禍でもあり、色々と厳しいです。

訪問STツバメ

僕もお昼は、まるっと1時間休むことは少ないですね~。

ただ、訪問件数あたりの歩合性で働いてるので、サクッと家に帰るために、あえてそういう風に組んでいます。

ウチの地域では訪問STは不足してますので、地域差はありそうですね。

公用車が足りず、自家用車で行く場面が結構あります。

訪看は公用車の件も含め、看護師さん優先になることが多く、リハは肩身が狭いです。

「提供時間の選択権」や「電カル閲覧」など後回しにされがちです。

訪問STツバメ

訪看はやっぱり「看護師ありき」ですからね。

しかし肩身の狭さを感じると、不満も積もりそうですね。。

ウチは支給されたタブレット端末で「カルテ閲覧・記入」できるので、そのあたりはかなり楽です。

システムが改善されていくといいですね!

移動時間は勤務時間?

訪問リハは「車移動」のところがほとんど。
この時間で「気分がリフレッシュされる」ことに同意する人も多いはず。

この時間はもちろん「勤務時間」ですが、半分休憩みたいに僕は捉えています。

実際働いている身として、これが訪問リハ一番のメリットだと思います。

「訪問リハのスケジュール実例」はこの記事で解説しています!

訪問STのニーズへのコメント

訪問看護ステーションでの仕事はとても楽しいです。

「病院よりもSTのニーズが高い」ように思います。

但し、「リハビリ特化型の訪問看護ステーション」は、絶対働いてはダメ。(前職場はリハビリ特化型でした)

訪問STツバメ

僕も訪問に移ってから、「STとしての自分」の価値を見出したタイプです。

仕事も楽しいですし、社会貢献できている実感もありますね。

リハビリ特化型は…報酬改定で今後どうなるかも分かりませんしね。いろんな意味で気をつけた方がいいでしょうね。。

地域に「STという職種」が、あまりよく知られていないのが実情。

件数ノルマなので、マーケティング方法なども知りたいです。

地域のSTとの情報共有が希薄なので、ICTを活用しながら繋がりを持てるといいなと思います。

訪問STツバメ

「STが何をする人なのか」地域に浸透していない現状はありますよね。

嚥下面はまだしも、コミュニケーション面は特に。

マーケティングは…難しいですよね。

ただ、新規獲得も大事ですが、「今いる顧客をガッチリ掴む」のも大事だと思います。

僕はケアマネさんがいる場合、「結果を出した」ことをわかりやすく伝達することに努めています。STの業務は目に見えにくいので。。

その甲斐あってか、「あのSTがいる」という理由で、相談を貰えるようになりましたよ。

満足度が高い「訪問リハ」勤務では、仕事のストレスを減らせるかも

STは基本的に「満足度が高め」な仕事です。

でも、ツイッターの投稿などを見ていると「病んでるSTさん」を見かけることが多いのも事実。

  • もうSTやめたい…
  • やりがいを感じられない。
  • 給料が上がらない。
  • 教材作成や残業ばかりで、しんどい…

正直、仕事って適材適所だと思うので、早めに転職を考えた方がいいと思いますね。

「失敗しないリハ転職」についてはこちらの記事で解説しています。

今回のデータからみると、「訪問ST」は特に職場満足度が高いので、ストレスで悩んでる人は、「訪問リハ勤務」を検討してみていいかもしれませんね。

訪問STツバメ

僕は「病院」よりも「訪問」の方が性に合ってました

訪問リハに向いてる人についてはこの記事でまとめてます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる