言語聴覚士を辞めたくてたまらない人へ。辞めた後のプランを解説。悩んでるなら早めに行動すべき!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問ST(言語聴覚士)のツバメです。

僕は一般企業からの転職STですが、ハッキリ言ってSTの仕事はストレスが高い部類に入ると思います。

最初に入った病院ではパワハラを受けていたのもあって、精神的に参って退職してしまいました。

今回の記事は「退職するべきタイミング」と「退職後のプラン」について。僕の実体験も交えました。

みなさんが抱えている「漠然とした不安」の整理と、次の行動への手助けになればと思います。

この記事が参考になる人

・退職のタイミングを見失っている 

・セラピスト自体を辞めるか迷っている

・退職後のプランがない

本質的な結論2つ

  • 「辞めたい」と思っている時点で「そこには合ってない」
  • 退職にむけて、「考えを整理して行動」するべき

最初に、本質的な結論です。非常にシンプル。

まず、「辞めたい」と思う原因がなんであれ、そう思う時点で「その環境と相性が良くない」のは間違いないです。

次に、実際に行動する為に「考えを整理する」必要があります。

  • なぜ退職を迷っているのか
  • 辞めてどうなりたいのか? …など。

考えが整理できたら「するべきこと」をただ行動。

本当はシンプルな話ですが、「人間関係」や「常識ぽいもの」が関わると、ややこしくなりますよね。

訪問STツバメ

現状を整理して「これからどう行動するべきか」を考えていきましょう。

目次

言語聴覚士が仕事を辞めたいと思う理由5つ

そもそも、STのみなさんが仕事を辞めたくなる理由にはどんなものがあるのでしょうか。

職場を辞めたい理由の代表例5つ

  • 人間関係
  • 労働環境に不満がある
  • 仕事内容にやりがいを感じない
  • 給与が低い
  • 違う仕事に興味がある

ここでひとつ言えるのは、「辞めたい理由」のほとんどが「環境によるもの」ということです。

訪問STツバメ

僕は職場を変えてから「辞めたい」と思うことは激減しました。

言語聴覚士が仕事を辞めるべきタイミング。3つのポイント


やめるべきタイミングについて解説します。

退職のタイミングは「辞めたい」と思ったときで良い。早期退職もアリ

辞めたいと思ってるけど、タイミングがなくて…。

「タイミングがない」という声は多いです。でも、あなたが「辞めたい」のならそれはもう辞めるべきタイミング」です。

なぜなら、辞めるのに最高なタイミングなんてほぼ無いからです。

1~2年目 「経験が浅いのに辞めるの?」

3~5年目 「やっと仕事を覚えたのに辞めるの?」

6~10年目 「指導者なのに辞めるの?」

どんな時期でも全員を納得させることは不可能です。

僕の場合は、2年目でメンタルが限界になり退職。正直そのときは罪悪感もありました。

でも退職後、同期に「仕事忙しくなった?」と聞くと、意外なことに「最近ひまだよ」と言われて拍子抜け。

そんなもんだったりします。通常は「誰かが辞めた」くらいで、組織は崩壊しません。

訪問STツバメ

僕は、たとえ新卒1〜2年目でも退職していいと思います。安易に逃げるような退職じゃなければ全然アリです。

早期退職する際ののポイントについてはこの記事で解説してます。

精神・肉体的に異変があるなら赤信号。早めに退職の検討を

もし、STを辞めたい主な原因が「仕事のストレス」なら注意が必要です。

特に精神・肉体的に異変を感じているときは、早めの退職を検討しましょう。

僕も心療内科で「うつ病」と診断された経験があります。今になって分かりますが、無理すれば確実に悪化していました。

実体験から言うと、体調不良は黄色信号ではなく「赤信号

僕が実際に経験した体調不良この記事で詳しく解説しています

辞めるのを認めて貰えないないなら、嘘をついても良い

管理者

・ウチは新卒採用のみだから、3月しか辞められない!
・退職申請は最低でも半年前!

なかには退職を認めて貰えない人もいるかもしれません。

しかし、本来は「辞めたい」と思うこと自体が真っ当な退職理由です。

「退職を認めない」というのは施設側の都合です。施設独自の縛りをよく聞きますが、ここに「法的な根拠」はないです。

真っ当な話ができないのであれば、「嘘を付いて辞めても良い」です。あなたが潰れてしまうより、ずっと良いからです。

訪問STツバメ

体調に異常があるときは「心療内科」で診断書を書いて貰いましょう。

退職を認めざるを得なくなるはずです。

辞めた後のプランについて考えよう。まずはSTを続けるかどうか

次は、退職後のプランについてです。

そもそも「ST自体を辞めたい」のかどうかで話は大きく変わります。

あなたの「不満・悩み」はどちらだと思いますか。

  1. STを辞めなくても問題解決する
  2. STをやめないと問題解決しない

職場(環境)を変えて解決するならSTは続けるべき

環境に問題があるのなら、職場が変われば問題解決する可能性が高いです。

「環境」から生じるストレス(僕の例)

  • 看護部からのパワハラ(主な理由)
  • リハ部でST科の立場が低い
  • 意味のない(と感じた)勉強会の多さ
  • サービス残業が日常化(特にSTは教材作成などで…)
訪問STツバメ

ちなみに元職場はセラピスト100人規模の回復期です。

僕の場合は「回復期」から「訪問看護ステーション」への職場変更で仕事のストレスは激減しました。

STの仕事内容に感じるストレスは、領域変更で解決する可能性がある

逆に「STという職業」に対する不満があれば、ST自体を辞める必要があります。

「仕事内容」から生じるストレス

  • 対人の仕事が苦手
  • 訓練にやりがいを感じなかった
  • 思ってたような仕事じゃなかった

しかし、STの仕事は「領域」によって千差万別。他の職場の情報や、求人情報を集めて「自分に合いそうな職場」を検討する必要はあります。

訪問STツバメ

僕がTwitter経由で実施した「職場のぶっちゃけアンケート記事」も参考になると思います。

急性期、回復期、生活期、訪問、フリーランスなど多様なSTさんが100人以上回答してくれました。

退職後の道①:STとして転職するなら需要が高いうちに

STは「国家資格」かつ「まだ需要がある」仕事です。なので転職は難しくありません。

PT・OTは供給過多になってきていますし、一般企業の転職はもっとハードルが高いです。

有利な状況を生かして、職場を変えながら「自分に合ったポジションを見つける」のもひとつの正解と言えますね。

年々人数は増えますから、行動するなら早いに越したことはないです。

リハ業界は転職活動の動き出しが早いので注意。一年前に翌年の職場を決めるなんてケースも

セラピストとしての転職を考えるときに、知っておいた方がいい知識があります。

リハ転職の傾向

  • リハ職は転職活動を始めるタイミングが早い
  • 転職のハードルは年々上がっている(でもこれはPTかな)

僕らSTはまだ需要を掘りきれていないくらいの業種ですので、PTなどと比べると転職ハードルは低いです。

ただ、リハ業界一般企業よりも転職活動を始めるタイミングが早いケースが多いんです。

そのへんの情報は「マイナビ×リハノメ」のコラボ動画をまとめた記事が参考になると思います。

リハビリ職の転職開始時期の図解
※マイナビコメディカルの情報より引用

ST転職で失敗しないための準備3つ

「STとして心機一転しよう」。もっと良い職場で。

よりよい転職先をみつけるには、それなりの準備や行動が必要です。

僕や友人STの転職経験から言える「転職で失敗しないための準備」は以下の3つです。

  1. SNS・知人経由の求人情報にはアンテナをはっておく
  2. ハローワークの情報をチェックする
  3. リハビリ転職エージェントに登録しておく

SNS・知人経由の求人情報にはアンテナをはっておく

転職する際に、一番手堅く「良い職場にいける可能性が高い」のは知人経由での入職だと思います。

求人票には不都合なことが書いてないことは多いですし、内情はわかりませんよね。

訪問STツバメ

頼れるツテがあるんだったら絶対使った方がいいです。

TwitterなどのSNSで求人募集をかけている訪看なんかも多いです!

\ 僕のTwitter経由でも情報収集できます/

ST転職の準備②:ハローワークの求人情報をチェックする

「転職サイトとハローワークの求人どっちがいいの?」

これは、どっちも大事です。集まってくる情報の質が違うので、両方チェックしておくべきです。

訪問STツバメ

ハローワークは地場の掘り出し求人があったりしますよ。
別記事で検索方法なども解説しています。

ST転職の準備③:リハ専門の転職エージェントに登録しておく

転職の情報収集に役立つのが「転職エージェント」。

STとして転職したいなら、リハ専門のエージェントを選びましょう。

リハ専門の最大手だと「」などです。

エージェントを通じて「条件交渉」ができたり、登録者のみがアクセスできる「非公開求人」があるのがメリットですね。

なにより、利用無料なので使わない手はないです。

時間は有限なので、効率よく使いましょう。任せられることは誰かに任せるべきです。

訪問STツバメ

僕も過去3社に登録してます。

転職エージェントの利用には「担当者の当たり外れ」などの注意点もあります。流されやすい人は要注意。

転職エージェント選びは下記の記事の注意点などを参考に選んで下さい。

退職後の道②:ST資格が活かせる一般企業の求人を探す

STを辞めて、一般企業への転職を考えている人向けなのはなどのサービスです。

」などがリハ専門なのに対して、リクルートエージェントなどは一般企業の求人を広く網羅しています。

実は、一般企業の求人でも「ST資格が優遇されている」場合があるんです。

補聴器や人工内耳、食品(介護食)メーカーでST資格が優遇されることが多いです。
別記事に求人実例もまとまてますので参考にして下さい。

エージェントに「ST資格が優遇される求人があれば連絡ください」と伝えれば、自分で探す手間が省けます。

訪問STツバメ

せっかく資格を取ったのだから、資格が重宝される職場を選びたいですよね。

退職後の道③:仕事に関連するスキルを増やして転職する

将来設計するSTさん

「介護食メーカー」への転職も視野に「食生活アドバイザー」の資格を勉強中です。

上記のSTさんのように、転職に活かせるスキルを増やすのもいいですよね。

  • ケアマネージャー
  • 心理カウンセラー
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 音楽療法
  • 食生活アドバイザー …などなど。

例えば、知り合いで「ケアマネージャー」+「非常勤の訪問PT」がいます。時間を有効に使うことで、訪問の常勤よりも稼ぎはいいようです。そんな働き方もあります。

下記のようなサイトで、医療・福祉系に関連資格をチェックしてみましょう。


まとめて資料請求できるサイト。

生涯学習のユーキャン
ケアマネをはじめ、割と医療・福祉系の資格もある。

STのダブルライセンス、特に公認心理師については、別の記事でもまとめています。

退職後の道④:プログラミングなど、別分野のスキルを身につける

別分野に興味があれば、その勉強をするのもありですね。

別分野の勉強パターン
①:在職中から副業としてコツコツ頑張る
②:退職後に一気に学ぶ。

例えば、プログラミング・動画編集・Webデザインなどは独立も可能なスキルです。

訪問STツバメ

僕が何か学ぶとしたら、プログラミングですね。小学校でも必修化されたくらいですし、将来的に応用がききそうです。

プログラミング

例えば上記のテックアカデミーは「エンジニア転職保証コース」などが、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象になっています。

条件を満たす人は受講料の最大70%(30万円程度)がハローワークから支給さるんですね。日本すごい。かなりお得なスキルアップです。

女性向けのWebキャリアスクールなどもあります


※Webデザイン、ライター、動画編集など講座が多くて、気になって調べてみたら「入会金15万(驚)」というガチな感じのスクールでした。

だいたい無料カウンセリングがあるので「どんなスキルが身につくのか話だけ聞いてみる」のもありですね。

言語聴覚士を辞めたい人は、早めに考えをまとめて行動するべき

「言語聴覚士を辞めたい人へ」ということで、退職後のプランなど解説しました。いかがだったでしょうか。

リハ職は、人と関わってなんぼの職業ですし、色々と悩みが多いですよね。

幸い、STという仕事は「働く分野」によって適性がめちゃくちゃ変わります。一般企業などで資格を活かせる可能性もあります。

2018年には副業も解禁され、「ひとつの場所でコツコツと」という時代が終わろうとしています。
参考:「free」副業解禁はいつから?副業の実際と注意点

時代を考えると、転職しやすい「STは有利」です。

それに、せっかく国家資格を取ったのだから納得いく環境で働きたいですよね。

現状を変えたいなら「行動するしかない」です。

訪問STツバメ

現状に悩んでいるなら「とりあえず、行動」ですね!

なかなか行動に移れないなら、第三者をうまく使いましょう。
「転職エージェントに登録」したり、同僚に「今年で辞めて〇〇をする」と宣言しましょう。第三者を巻き込むことで、強制的な「行動スイッチ」が入ります。

リハ専門の転職エージェントでおすすめ(最大手)なのは「PTOTSTワーカー」です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる