MENU
2024年元旦「高齢者向けおせち」のご注文はお早めに! 詳しくはこちら

ワタミの宅食ダイレクト(冷凍)は高齢者におすすめ。介護食アリで配達エリアも全国対応

当ページのリンクには広告が含まれています。
ワタミの宅食ダイレクト:特徴
  • URLをコピーしました!
言語聴覚士ツバメ

訪問ST(言語聴覚士)のツバメです。

僕は、訪問リハビリとして高齢者の食事(飲み込み)に関わる仕事をしています。

在宅で介護をしていたり、離れて暮らす高齢の両親がいる方、「食事の不安」を抱えていませんか?

ふたり暮らしでも調理が大変…。

両親の食事状況が心配…。

そんなときは、冷凍の宅配食がおすすめです。

僕のリハ訪問先でも、食事は宅食で済ませているという家庭は意外とあります。

通常食の宅配はもちろんですが、最近は「冷凍の介護食」を宅配してくれるサービスも増えています。

この記事で取り上げるも冷凍介護食を取り扱うメーカーのひとつ。

言語聴覚士ツバメ

介護食の専門家目線も交えて、特徴を解説してきますね。

しかし結論から言うと、ワタミの宅配食は「介護食」にはあまり力を入れていない印象でした。

通常食のコスパは良いのですが、高齢者向けの食事が必要な方は別のメーカーと比較するべきです。

やわらかい食事や制限食(塩分・糖質など)が豊富なメーカーなど、下記の別記事で解説しています。参考にしてください。

高齢者向け宅配サービスの選び方は、こちらの記事で解説してます!

目次:クリックでジャンプ

ワタミの宅食ダイレクトのおおまかな特徴

ワタミの宅食ダイレクト:やわらかおかず2
  • お試しセットが試しやすい
  • 冷凍食品なので、好きなタイミングで使える
  • ワタミの宅食で、介護食に対応しているのは「宅食ダイレクト」だけ

今回紹介するのはで、冷凍のお惣菜タイプです。

言語聴覚士ツバメ

ワタミの宅食のサービスは大きく3パターンに分かれるので次で解説します。

ワタミの宅食のサービスタイプ3つを解説。「宅食ダイレクト」は冷凍タイプのお惣菜です

ワタミの宅食ダイレクト:やわらかおかず1

ワタミの宅食は大きく3つのタイプにわかれます。

毎日食事を届けて欲しい!

①ワタミの宅食(地域の営業所から、毎日食事をお届け)

  • まごころおかず:400kcal基準
  • まごころ手鞠(てまり):250kcal基準
  • まごころダブル:主菜が2つ。500kcal基準
  • まごころ御膳:一食500kcal基準のお弁当。ご飯付き

食べる健康習慣(お弁当・お惣菜に追加できる、健康セット)

  • 野菜を食べる健康習慣
  • フルーツを食べる健康習慣
  • サラダを食べる健康習慣
いつでも使える冷凍食品を届けてほしい!

②ワタミの宅食ダイレクト(冷凍惣菜)

  • 冷凍惣菜:2・3・5品で選べる
  • ナチュラルデリ:うまみ調味料(化学調味料)不使用のお惣菜
  • 介護食:やわらかおかず、ムース食
調理の手順を減らしたい!

③かんたん調理キット

調理の下ごしらえを済ませた食材セット。10分で簡単調理。九州か東日本での取り扱い。呼び方が違います。

  • お料理キット:九州限定
    ・すぐ楽ごはん ・しっかり野菜ごはん
  • ミールキット:東日本


この記事で解説するのは②の「宅食ダイレクト」です。

宅食ダイレクト(冷凍食)の通常食は、お試しセットがある

宅配食には興味あるけど、まずはちょっとだけ試してみたい!

ワタミの宅食ダイレクトには、「お試し割」の4食セットがあります。
お試しセットがあるのは通常食のみですが、本当に試しやすい価格設定になっています。

通常食は「お試し割セット」あり。

宅食ダイレクトのお試し4食セット(通常食)
・いつでも三菜:2,224円(税込)
一食あたり556円
お惣菜3種類。250kcal基準

・いつでも五菜:2,668円(税込)
一食あたり667円
お惣菜5種類:350kcal基準
※お試し割セットは送料も無料
※10食セットはさらに値段がお得。一食あたり390円〜

\ 宅食ダイレクト:通常食のお試し詳細 /

宅食ダイレクト「通常食」を実食した感想はこちらの記事で解説しています。

ワタミの宅食ダイレクトは介護食(やわらか食とムース食)の取り扱いがある

実は、通常の「ワタミの宅食(地域の営業所から常温配送)」には、介護食の取り扱いがありません
介護食の取り扱いは「宅食ダイレクト」だけです。

ワタミの宅食ダイレクト「介護食」のタイプ

  • やわわらかおかず(やわらかめ)
  • ムース食(舌でつぶせるレベル)

「ワタミの宅食ダイレクト」を実食した専門家目線での口コミ

ワタミの宅食ダイレクト:やわらかおかず7

僕は言語聴覚士として、在宅の介護食を選ぶアドバイスなどしています。

実際に宅食ダイレクトの介護食の「やわらかおかず」と「ムース食おかず」も実食済。

宅食ダイレクトの「介護食」を実食したザックリ感想
  • 「やわらかおかず」は噛む力が落ちてきた人向け
  • 「ムース食おかず」は舌で簡単につぶせる程やわらかい
  • 味付けは標準〜少しさっぱり目に感じた

実食した感想として、味に関しては良くも悪くも「普通」。そしてスーパーのお惣菜などと比べると優しい味付けです。

ワタミの「やわらか食」と「ムース食」は、この記事で実食レポもしています。

飲み込みに不安がある人には「ワタミの宅食」よりも、さらに柔らかいメニューなどが豊富ながオススメです。

ワタミよりも介護食の種類が多いの特徴解説はこちら

ワタミの宅食ダイレクトは注文前に冷凍庫のスペース確認が必須です

宅食ダイレクトは冷凍食品です。
注文前には、冷凍庫のスペースを必ず確認しましょう。

言語聴覚士ツバメ

惣菜が届いたものの「冷凍庫に入らない!」なんてことになったら大変です。

実は、宅食ダイレクトのパッケージ容器サイズは種類によって違います。

品数が違うので、サイズの違いは仕方ないのかもしれませんが少しやっかいです。

宅食ダイレクト、タイプ別おおよそのパッケージサイズ

  • いつでも三菜:縦17.6cm×横13.6cm×高さ2.6cm
  • いつでも五菜:縦16.2cm×横22.5cm×高さ2.6cm
  • いつでも二菜:縦12.0cm×横12.0cm×高さ3.0cm
  • ナチュラルデリ:縦17.6cm×横18.0cm×高さ4.0cm
  • やわらかおかず:縦17.4cm×横12.9cm×高さ約2.4cm
  • ムース食:縦17.4cm×横12.9cm×高さ2.4cm
  • なめらかパン:縦11.5cm×横26.5cm×高さ4.0cm
  • なめらかゼリーがゆ:縦9.5cm×横16.5cm×高さ2.5cm

ワタミの宅食ダイレクトは全国が配達エリア対応。クール(冷凍)宅急便でお届け

ワタミの宅食ダイレクト(冷凍食品)配送エリアは全国!

  • 配送対応地域
    日本全国(一部離島を除く)
  • 送料
    全国一律800円
  • 配送日時の指定ができます

通常のワタミの宅食(常温)は、残念ながら一部の地域には対応していません。冷凍で届く「宅食ダイレクト」の方が、配送エリアが広くなります。

通常のワタミの宅食(常温)
配送外エリア

北海道、青森、秋田、岩手、沖縄、その他一部エリア

「宅食ダイレクト」は遠方でも使いやすいサービスですね!

宅食ダイレクトのお値段は最安で1食420円位から。定期便だと10%オフでお得

宅食ダイレクトは「定期便で、注文数が多い」ほど1食あたりの値段は安くなります。

特に、定期購入で申し込めるコースは10%オフになるのでお得です。

定期コースが申し込めるのは、通常食の「いつでも三菜」「いつでも五菜」のみです。

定期コースのお値段(10%オフ)

いつでも三菜いつでも五菜
定期7食セットご飯なし:3,500円
ご飯あり:4,508円
ご飯なし:4,200円
ご飯あり:5,208円
定期10食セットご飯なし:4,230円
※ご飯ありは取り扱いナシ

一食420円くらい
ご飯なし:5,130円
※ご飯ありは取り扱いナシ

一食510円くらい
送料1回につき800円1回につき800円
言語聴覚士ツバメ

よく使う人は優遇される仕組みですね

初めての利用&定期購入の申し込みだと、さらに値段がお得になるキャンペーンも

ワタミの宅食ダイレクトは「初回注文」や「定期便」での注文がお得なんですが、さらに「初回から定期便」で注文するともっとお得です。

3回分の送料が実質無料になる割引キャンペーンが適用されます。

初回注文時の送料サービスキャンペーン

  1. そもそも、お試しセットは初回1回送料無料
  2. さらに初回から定期購入で申し込むと3回分の送料も無料

初回から定期で申し込むと、800円×3=2,400円分の送料がお得になります。結構デカイ。ワタミ的にはそのまま定期利用して貰いたい感じでしょうね。さすが商売上手です。

言語聴覚士ツバメ

でも、とりあえず試す目的なら「お試しセット送料1回無料」でいいでしょう。十分気軽に試せます。

\ 宅食ダイレクト:通常食のお試し詳細 /

結論:ワタミの宅食ダイレクトは、一人暮らしや高齢者の介護食にオススメ

今回は宅配サービスのなかから、「ワタミの宅食ダイレクト」の特徴を紹介しました。

ワタミの宅食ダイレクトを利用するメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

「ワタミの宅食ダイレクト」を利用するメリット

  • 調理の時短になる
  • 介護負担が軽減できる
  • 離れて暮らす両親に送れる
  • 冷凍食品なので、必要なときだけ使える
  • 「やわらか食」や「制限食」が手軽に準備できる
  • お試しセットが試しやすい

「ワタミの宅食ダイレクト」を利用するデメリット

  • 冷凍庫のスペース確保が必要
  • 配送のたびに送料がかかる(基本800円)

個人的には、好きなときに使える冷凍食品は使い勝手がよくてオススメです。

介護で疲れたときだけは冷食を使いたい

やわらか食をつくるのが大変

介護中の方だったら、上記のような具体的な悩みを解決できますよね。

あと、デメリットというか「冷凍食品は苦手」という方もいますよね

冷凍品が苦手なら、毎日冷蔵品を届けて貰える通常のが選択肢になるかと思います。

言語聴覚士ツバメ

とはいえ、冷凍技術は進化しているので結構冷凍品もいけます!
まずは少量をお試ししてみるのがいいでしょう。

自宅で過ごす高齢者は年々増えてます。

使えるサービスはどんどん使って、家族全体がよりよく過ごせるようにしていきましょう。

通常食:お試しセットの詳細を見る/

ワタミよりも介護食の種類が多いの特徴解説はこちら

ワタミの宅食ダイレクト:特徴

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次:クリックでジャンプ