僕には病院勤務の言語聴覚士(ST)が合わなかった理由5つ。後悔なし、辞めてよかった。

訪問STツバメ

こんにちは!訪問STのツバメです。

STの新卒2年目の早々に、最初の病院(回復期)を辞めました。

その後、訪問看護ステーションへ転職したのですが、僕の場合は、病院勤務を辞めてよかったと思っています。

今回は「僕が病院勤務を辞めた」理由・不満をまとめました。

自分に病院は合わない気がする…。
そう悩むSTさんの参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること

・STツバメに「病院勤務が合わなかった」理由

・職場を変えて不満は改善されているか

目次

結論:病院勤務での不満点は、職場を変えてほぼ解決した

やはり病院は特殊な組織です。

一般企業の経験から言うと「堅実」「保守的」「融通がきかない」というイメージ。
もちろん、いいところもあります。リハをする上での「基本」はしっかり学べると思います。

病院勤務への不満点と、職場変更で解決したこと

病菌勤務での不満点職場変更で解決したか
①:ST科の立場が低い解決
②:サービス残業が当たり前解決
③:無難なリハになりがちだった解決
④:意味の感じられない勉強会・ミーティングが多い解決
⑤:上司・先輩STのようになりたいとは思えなかったなんとも言えない

僕の場合、職場を変えることで、不満はほとんど解決。早めに職場を離れて正解でした。

「職場は変えたいけど、なかなか行動に移れない…」という人は、とりあえず転職エージェントに相談するのもありです。

大手だと「」とかですね。第三者に「行動スイッチ」をいれてもらいましょう。

転職エージェントの選び方

訪問STツバメ

僕も退職前からサイト登録して、めっちゃ求人を漁りました。

理由①:ST課の立場が低い

看護部からの高圧的な態度

「看護からSTが下に見られてる」というのがウチの病院でした。

無理な時間に呼び出されたり、怒鳴られたり、まぁ単純にパワハラですね。

食形態や介助指導が無視されるパターンもあって、チーム医療の意味がわからなくなりましたね。

マンパワーの問題もあると思いますが、そういうレベルじゃない感じ。

業務的にPT・OTと同じ単位数は厳しい。でもそれを求められる。

  • 教材作成
  • 評価の集計(これが厄介)
  • 担当者数が多い
  • VE・VFの準備
  • 食事評価

え、これ物理的に無理じゃない?

そんなスケジュールを経験したSTさんは多いはず。ほんと、ご苦労さまです…。

他職種と比べて「STは手間ひまがかかる」仕事だと思います。

トップがPTだったので、理解が乏しくST全体が疲弊していました。

ドクターに電話連絡すらできない

これは僕がいた病院が特殊かも。

「失礼にあたる」らしく、電話をかけられませんでした。

食携帯アップの主治医確認などは「廊下ですれ違ったとき」「回診・カンファ」のときに。
これが原因で携帯アップが翌週になるとかザラでしたね。

訪問STツバメ

どんだけ気を使って働かなんのだ…!? と。

訪看では他職種から頼られて嬉しい

今の訪看はSTが2人だけ。
僕が入るまでは、看護やPT・OTが嚥下指導もしていました。

その状況を経由したからか、STの専門性を頼りにされていると感じます。
当然、しっかりと意見を交換できるので働きやすいです。

理由②:サービス残業が当たり前

PT・OTと比べて、STは評価や教材作成に割かれる時間が多いです。

失語や高次脳は憧れの分野でしたが、負担も大きかったです。

サービス残業って、実質的に年収が下がってるようなもんです。

訪問STツバメ

時給換算すると恐ろしいことになったりしますよね。

時給換算の比較についても記事を書いてます

リハ職の「年収低い問題」には「訪問リハ転職」が手堅い理由。

失語・高次脳機能の評価を取ったらほぼ残業

なるべく評価日を分散させるようにしてましたが、新患が重なると難しいですよね。

この「評価を集計する時間」がシフト内で考慮されてていないのは不満でした。

教材作成を頑張るほど残業

用意されてるプリント課題などがあるとしても、やはり「その人にあわせた」課題作成が必要ですよね。

真面目な人ほど、アレコレ考えて夜遅くなっていましたね。

ちなみに、僕のブログでは「嚥下体操プリント」なども作ってます。
業務の時短になると嬉しいです。

定時にタイムカードだけは切らされる

タイムカードは定時で押す! その後は「電子カルテ記入」も禁止!

こんなルールがありました。

退勤後に電子カルテを書くと、残業していた証拠になるからです。

もちろん残業代は出ません。まぎれもないブラック企業です。

実際に働いてたときは感覚がマヒしてたんですけど、普通に労働基準法に引っかかります。

実際、内部告発があったようで、僕がいたときも、労働基準局の調査が入ってました。

PT・OTはリハ時間を「かぶせて」時短していた

同じ単位数なのに、なんでPT・OTのみんなは早く帰れてるんだろう?

そのマジックはリハ時間の「かぶせ」でした。

AさんとBさんのリハを、同時にやるわけですね。エルゴ漕いでもらってる間に、他の人に介入とか定番ですね。

これに関しては不公平だ!というよりは、そういう感覚の職場で働くのやだなぁ、みたいな感じです。

訪看STでは残業も少ない

現在僕はパート勤務にしているので、残業という概念がありません。
常勤スタッフも、病院より余裕があります。

あと移動の合間にカルテとか書けるのも楽です(タブレット導入済)。

↓訪問リハの1日スケジュール例
【実例】訪問リハビリはきつい?1日のスケジュールと仕事内容(非常勤パート編

理由③:無難なリハになりがちだった

注意障害はとりあえずキャンセレーション

残念ながら、しっかりと訓練立案する余裕がないSTが多かったです。

とりあえず「キャンセレーションとか計算課題を印刷しとけ」みたいな。

申し送られた高次脳のプリント課題とか、こっちが眠くなるパターンが多すぎました…。

必要性を感じられない「ドリル課題」

ぶっちゃけます。

正直、このおばあちゃんは今後「2桁の掛け算を高速で解く必要」はないんじゃないか。みたいなことをよく思っていました。

でも色々考える時間がないから、そういう課題をササッと申し送ってました。

そんな自分が嫌いでした。

ギターでの歌唱訓練を止められた

時間が無いなりに、訓練の工夫はしたいものです。

全失語の方で、歌唱訓練が有効だったケース。

少しだけギターが弾けるので、演奏に合わせて歌唱訓練しよう!そう思ったのですが、上司に相談すると止められました…。

理由は、ギターを置く場所がない。盗難されるかも、というもの。とりあえず「目立つことはしないで」という感じでした。

訪問STツバメ

これは残念でした。保守的な感じです。

訪看では「とにかくニーズを満たすリハ」を

病院と訪看、最大の違いは「ルールの所在」です。
基本的に、利用者側に決定権があります。

「ギリギリ誤嚥しながらでも最後まで行こう」ということもあります。
また、リハの必要性を感じて貰えないと普通にサービス終了にもなります。

僕はこういう「必要なときに、必要な対応を」という方が合ってました。

理由④:さほど重要でない勉強会・ミーティングが多い

参加者が聞くだけの全体勉強会が多い

毎週、朝の業務開始前にリハ科全体の勉強会がありました。内容としては「スタッフの発表練習」的な意味合いが強いです。

PT・OT・ST合同でやるので、それぞれの専門分野では全く理解できない発表も。

正直、半分くらいのスタッフは寝ながら聞いてましたね。

カンファレンスが多すぎる

いや、カンファは必要でしょ。

そうです、必要です。

でも正直「今日は僕いなくていいよね?」というものも結構ありました。議題によりますよね。

受け持ち担当の数にもギャップがあるんです。PT・OTで5人程度、STは7〜9人という感じ。

担当者数が多いから、カンファの数も多いんですね。

そこが加味されていないので、STだけ残業天国になります。

訪問STツバメ

この時間でカルテ書きたい…。と思いながら座ってることもありました。

訪看では、むしろ貴重なミーティング

訪看だと、基本的にみんな「出ずっぱり」。
なので週一回のミーティングなどでは、むしろ「あの相談ができる!」という感覚です。

理由⑤:上司・先輩STのようになりたいとは思えなかった

最後は「感覚的なもの」かもしれませんが、書いておきます。

5年後、10年後の自分を想像するのに一番簡単な方法は

「先輩、上司を見ること」だと思います。

正直、「こうなりたくないな」と思ったんですね。あの上司は性格が悪いから嫌いだ、というような話ではないです。

それは「病院の構造」によるものだと思いました。病院を経営していくための、「単位製造マシーン」になっているような感覚。

それが僕には合わなかったんですね。

訪問STツバメ

もちろん、いい病院もあると思います!

Twitterアンケートではポジティブな意見も多かったです

後悔は全く無し。僕の場合「病院の言語聴覚士」を辞めてよかった!

そんなこんなで、僕が病院勤務を辞めた理由でした。

愚痴っぽくなっちゃいましたが、STの仕事自体は好きなんですね。こんな僕でも、今の職場では楽しく働けています。

退職って、終わりじゃなくて「始まり」にもなります。

次の職場ではよりよい場所を選べることが多いです

Twitterでのアンケートでも結果は以下の通り。

7割くらいは転職に満足してる結果です。

もし今、病院に合わないと感じている人も、「そのうち職場を変えれば、楽になるかもな」くらいに考えて、楽に働けるといいですね。

ひとつだけ注意してもらいたいのは「体調・精神に異常ある場合」
こればっかりは、早期に退職を検討するべきです。

僕が体験したストレス性の体調不良などはこっちにまとめてます

人生短いので、なるべく「いい状態」で働きたいものですね!

訪問STツバメ

今回はここまで。参考になれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる