辞めてよかった!僕には「病院勤務」の言語聴覚士(ST)が合わなかった理由5つ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
訪問STツバメ

訪問STのツバメです。

ST新卒2年目の早々に、最初の病院(回復期)を辞めました。

その後「訪問看護ステーション」へ転職したのですが、僕の場合「病院勤務を辞めてよかった」です。

ハッキリ言って後悔はゼロ。

そこで、今回は「僕に病院勤務が合わなかった理由」を解説します。

この記事でわかること

・STツバメに「病院勤務が合わなかった」理由

・職場を変えて不満は改善されているか

「自分に病院は合わない気がする…」と悩むSTさんの参考になれば嬉しいです。

目次

結論:病院勤務での不満点は、職場を変えてほぼ解決した

まず、病院は特殊な組織です。

一般企業の経験から言うと「堅実」「保守的」「融通がきかない」というイメージ。

訪問STツバメ

もちろん、いい点もあります。

リハをする上での「基本」はしっかり学べると思います。

病院勤務への不満点と、職場変更で解決したこと

病院勤務での不満点職場変更で解決したか
①:ST科の立場が低い解決
②:サービス残業が当たり前解決
③:無難なリハになりがちだった解決
④:意味の感じられない勉強会・ミーティングが多い解決
⑤:上司・先輩STのようになりたいとは思えなかったなんとも言えない

僕の場合、職場を変えることで、不満はほとんど解決。なので、「早めに職場を離れて正解だった」と感じています。

不満点①:ST課の立場が低い

看護部からの高圧的な態度

「看護からSTが下に見られてる」というのがウチの病院でした。

無理な時間に呼び出されたり、怒鳴られたり、まぁ単純にパワハラですね。

食形態や介助指導が無視されるパターンもあって、チーム医療の意味がわからなくなりましたね。

訪問STツバメ

マンパワーが足りないとか、そんな話と違います。ただ高圧的でした。

業務的にPT・OTと同じ単位数は厳しい。でもそれを求められる

  • 教材作成
  • 評価の集計
  • 担当者数が多い
  • VE・VFの準備
  • 食事評価

え、これ物理的に無理じゃない?

そんなスケジュールを経験したSTさんは多いはず。ほんと、ご苦労さまです…。

トップがPTだったので、理解が乏しくST全体が疲弊していました。

訪問STツバメ

他職種と比べて「STは手間ひまがかかる」仕事だと思います…。

ドクターに電話連絡すらできない

ドクターへの電話連絡は「失礼にあたる」らしく、禁止されていました。

これは僕がいた病院が特殊かもしれません。

食形態アップの主治医確認などは「回診・カンファ」や「通りがかり」で会えたときに済ませる。

タイミングが合わず、食形態アップが翌週になることもザラでしたね。

訪問STツバメ

これはかなり意味不明でした。事実、患者さんにもしわ寄せが来てます。

訪看では他職種から頼られて嬉しい

今の訪看はSTが2人だけ。
僕が入るまでは、看護やPT・OTが嚥下指導もしていました。

その状況を経由したからか、STの専門性を頼りにされていると感じます。
当然、しっかりと意見を交換できるので働きやすいです。

不満点②:サービス残業が当たり前

PT・OTと比べて、STは評価や教材作成に割かれる時間が多いです。

失語や高次脳は憧れの分野でしたが、負担が大きすぎるとも感じました。

サービス残業が増えるほど、実質的に年収が下がってるようなもんです。

訪問STツバメ

時給換算すると恐ろしいことになります。

失語・高次脳機能の評価を取ったら残業

なるべく評価日を分散させるようにしてましたが、新患が重なると難しいですよね。

この「評価を集計する時間」がシフト内で考慮されていないのは不満でした。

教材作成を頑張るほど残業

用意されてるプリント課題などはあっても、やはり「その人にあわせた」課題作成が必要になりますよね。

当然のように、この作業時間もスケジュールに加味されていません。

訪問STツバメ

真面目な人ほどアレコレ考えて、サービス残業する羽目に。

ちなみに、僕のブログでは「嚥下体操プリント」なども作ってます。業務の時短になると嬉しいです。

定時にタイムカードだけは切らされる

タイムカードは定時で押す! その後は「電子カルテ記入」も禁止!

勤務する上で、上記のルールがありました。

退勤後に電子カルテを書くと、残業していた証拠になるからです。

残業代を出さないためのルール。まぎれもないブラック企業です。

実際に働いてたときは感覚がマヒしてたんですけど、普通に労働基準法に引っかかります。

実際、内部告発があったようで、僕がいたときも、労働基準局の調査が入ってました。

PT・OTはリハ時間を「かぶせて」時短していた

同じ単位数なのに、なんでPT・OTのみんなは早く帰れてるんだろう?

そのマジックはリハ時間の「かぶせ」でした。

AさんとBさんのリハを、同時にやるわけですね。エルゴ漕いでもらってる間に、他の人に介入とか定番ですね。

もちろん、介入時間は都合よく改ざんします。

STだけは確実に個別リハなので、スケジュールがギリギリ。それでいて同じ単位数を求められます。

訪問STツバメ

「この感覚の職場で働くの嫌だなぁ」と感じました。

訪看STでは残業も少ない

今の訪看ではタブレット端末が導入済み。
空き時間にカルテ記入など出来るので、常勤スタッフも18時台には退勤できてますね。

不満点③:無難なリハになりがちだった

注意障害はとりあえずキャンセレーション

残念ながら、しっかりと訓練立案する余裕がないSTが多かったです。

とりあえず「キャンセレーションとか計算課題を印刷しとけ」みたいな風潮でした。

必要性を感じられない「ドリル課題」

ぶっちゃけます。

正直、このおばあちゃんは今後「2桁の掛け算を高速で解く必要」はないんじゃないか。みたいなことをよく思っていました。

でも考える時間がないから、僕もそういう課題をササッと申し送ってました。

訪問STツバメ

そんな自分が嫌でした…。

楽器を使った歌唱訓練を止められた

時間が無いなりに、訓練の工夫はしたいものです。

全失語の方で、歌唱訓練が有効だったケース。

ギターの演奏に合わせて歌唱訓練したかったのですが、上司に相談すると止められました…。

理由は「ギターを置く場所がないし、盗難される」というもの。

訪問STツバメ

早い話、「目立つことはしないで」という感じでした。保守的なんです。

訪看では「ニーズに対するリハ」を

病院と訪看、最大の違いは「ルールの所在」です。基本的に、利用者側に決定権があります。

「ギリギリ誤嚥しながらでも最後まで行こう」ということもあります。また、リハの必要性を感じて貰えないと普通にサービス終了にもなります。

不満点④:重要でない勉強会・ミーティングが多い

聞くだけの全体勉強会が多い

毎週、業務開始前にリハ科全体の勉強会がありました。内容としては「スタッフの発表練習」的な意味合いが強いです。

POS合同でやるので、それぞれの専門分野では全く理解できない発表も。

正直、半分くらいのスタッフは寝ながら聞いてました

無駄なカンファレンスが多すぎる

いや、カンファは必要でしょ。

そうです、必要です。

でも正直「今日は僕いなくていいよね?」という事も結構ありました。議題によりますよね。

受け持ち担当の数にもギャップがあるんです。PT・OTで5人程度、STは7〜10人という感じ。

担当数のギャップも加味されていないので、STだけ残業天国になります。

訪問STツバメ

この時間でカルテ書きたい…。と思いながら座ってることもありました。

訪看では、むしろ貴重なミーティング

訪看だと、基本的にみんな「出ずっぱり」。
なので週一回のミーティングなどでは、むしろ「あの相談ができる!」という感覚です。

不満点⑤:上司・先輩のようになりたくなかった

これは「感覚的なもの」かもしれませんが、書いておきます。

5年後、10年後の自分を想像するのに一番簡単な方法は「先輩、上司を見ること」だと思います。

僕からみた上司達は、病院の規則に縛られた「単位製造マシーン」に近く見えました。

訪問STツバメ

正直、上司や先輩を見て「こうなりたくないな」と思ったんですね。

言語聴覚士は性格の悪い人が多い? 個人の性格よりも組織の問題だと思う

やや病みST

STは陰キャで性格悪い人の集まりですよね。

「上司」についての補足です。

たまに、ネットやTwitterで「言語聴覚士って陰湿で性格悪い人多いよね」という意見をみます。

これについて僕は全く逆の意見。むしろ、STはリハ職のなかでも特に優しい人が多いと感じます。

大元の原因は「STの立場の低さ」だと思います。STは、リハ科のなかで人数も少なく、発言権が弱い場合が多いです。

そのツケを部下に回すしかないので、下からみると「性格が悪い」となりがちに感じます。

訪問STツバメ

一歩引いたところから見ると、僕の上司も優しい人でした。

後悔は全く無し。「病院ST」を辞めてよかった

以上、僕が病院勤務を辞めた理由でした。

愚痴っぽくなっちゃいましたが、STの仕事自体は好きなんですね。こんな僕でも、今の職場では楽しく働けています。

退職って、終わりじゃなくて「始まり」にもなります。次の職場はより良い場所を選べることが多いんです。

僕が前にTwitterでアンケートしたときも、7割位の人が「転職して環境は良くなった」と回答されました。

転職で失敗したくない人は、転職エージェントも利用しましょう。

利用無料でリハ転職のプロに相談できるので、失敗のリスクがグッと減らせます。

訪問STツバメ

別記事で「転職エージェント選びの注意点」などを解説しています。

補足:体調不良は赤信号。体のサインは見逃さないでほしい

最後にひとつだけ補足です。

「体調・精神に異常ある場合」だけは、早期に退職を検討するべきです。

実は、病院勤務のストレスで体調を崩した経験が僕にはあります。

早い話「うつ」です。

今になって思うのは、「あのとき無理してたら、ST自体辞めてたかも」ということ。

訪問STツバメ

実際、ストレスが原因で「ST自体を辞めた」同期もいます。

みなさんにも、それだけは避けて欲しいです。

僕が体験したストレス性の体調不良などはこの記事にまとめてます!

人生短いので、なるべく「いい状態」で働きましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる