【リアルな評判】PTOT人材バンクを使ってよかった?利用者の口コミを紹介

PTOT人材バンク:評判・口コミ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
STツバメ

訪問STのツバメです。

今回はリハ専門の転職エージェント「」の評判について解説します。

この記事を読んでいるのは、転職を検討しているリハビリ職の方だと思います。

「よりよい職場を見つけたい」という思いから、転職エージェントの利用を検討中の人も多いでしょう。

実際、エージェント利用にメリットってあるんだろうか?

結論から言うと、エージェント利用にはメリットがあります。大アリです。

特に、初めての転職を検討している人には、エージェント利用がおすすめです。新卒の就職活動と、転職活動は勝手が違うからです。

とはいえ、初めてのサイト登録には不安もつきもの。

なので、この記事では「PTOT人材バンク」の評判を紹介します。twitterや実生活での繋がりから独自の直接アンケート調査も行いました。

ちなみに、僕自身も過去「PTOT人材バンク」に登録した経験があります。実体験も踏まえた「エージェントを上手に利用するコツ」なども解説しますね。

目次(クリックでジャンプ)

PTOT人材バンク利用者のリアルな評判

を実際に利用した方の、リアルな評判をみていきましょう。

PTOT人材バンク利用者に多い意見をまとめると、下記の通りです。

ポジティブな評判・転職活動の進め方がわかった
・雑務の手間が省けた
・応募書類の添削や、面接対策など相談できた
・職場の内情を教えてくれた
ネガティブな評判・興味のない求人を紹介された
・連絡がしつこかった
・転職を無理に進めようとされた
・担当エージェントの対応が遅い

良い点としては「転職活動のサポート」に関する高評価、逆に悪い点では「エージェントとのやりとり」に関する意見が多くみられました。

続いて、個別の口コミを詳しく見ていきましょう。

PTOT人材バンク利用者のポジティブな口コミ

続いて、ポジティブな口コミです。

他の転職エージェントと比べ「親身に」というキーワードが登場しやすい印象です。

ST:30代

PTOT人材バンクの担当者は若い女性の方でした。

体調を崩して休職したことがあるのですが、私の現状を理解して親身に話を聞いてくれたのが良かったです。

ST:30代

親身になり、こちらの状況などを理解した上で求人を紹介してくれました。
紹介先の良い点だけでなく、懸念点などもしっかり説明してくれました。

PT:30代

精神科に通院中だと「原則、エージェントからの紹介がNG」になると言われ、直接応募を勧められました。

精神疾患持ちでも面接を上手く立ち回る為のアドバイスを貰えて良かった。

PTOT人材バンク利用者のネガティブな口コミ

続いて、PTOT人材バンク利用者のネガティブな口コミです。

PT:30代

PTOT人材バンクを使っていましたが、最終的には自分で見つけた転職先を選びました。

内定を断る際に、エージェントからかなりキツい言葉を貰いました…。

PT:30代

興味のない求人ばかり紹介され、無理に転職を進めようとされた。親身になっていないと感じた。

PTOT人材バンクと、他のエージェントを併用した人の評価

ここで、複数社の転職エージェントを利用した方の感想を紹介します。独自のアンケート調査で頂いた感想です。

この方は、3社を比較してみて「PTOT人材バンク」の対応に最も満足できたとのことです。

ST:30代

転職エージェントは複数社の利用経験があります。
PTOT人材バンクのエージェントさんは、親身にこちらの状況などを理解した上で求人を紹介してくれました。

紹介先の良い点だけでなく、懸念点などもしっかり説明してくれたのが良かったです。

某STさんの転職エージェント3社評価

スクロールできます
エージェント満足度感想
PTOT人材バンク満足
希望条件にあった求人を紹介してくれた。
応募書類の添削や、面接対策などを相談できた。
こちらの状況などを理解した上で求人を紹介してくれた。
紹介先の良い点だけでなく、懸念点などもしっかり説明してくれた。
某A社普通
担当エージェントと合わなかった。
エージェントのペースで、かなり早い展開で転職活動が進んでしまった。
某B社やや不満
興味のない求人の紹介が多かった
電話がしつこかった。

僕が実際にPTOT人材バンクを利用したときの感想

PTOT人材バンクは、この記事を書いている僕も登録経験があります。

参考として、実際の利用状況を紹介します。

僕は以下のような条件で会員登録しました

  • 〇〇県の病院
  • 常勤で働きたい
  • 労働環境が良い場所が良い
  • 前の病院はメンタル不調で退職
  • 前職での職歴が1年と短い

当時僕は、割と名の通った回復期病院を退職した直後。前の職場の労働環境に不満を感じていたので、職員を大事にしてくれる病院を探して「PTOT人材バンク」に登録しました。

話を進めていくなかで、僕の職歴では「希望する病院」への紹介が難しいとの結論に。

エージェント

今までの職歴を考えると、ウチから「A病院」への紹介は難しいですね…。

今考えてみると、とても理にかなった判断です。「病院勤務」が合わずに早期退職した人間が、また「同じような病院」への就職を希望してるんですから、プッシュしづらい案件ですよね。

ここで驚いたのは、エージェントから直接応募を提案されたことですね。

エージェント

もし「A病院」への就職を希望されるなら、直接応募も検討してみて下さい。その方が、ツバメさんの採用確率が高くなると思います。

PTOT人材バンクを通さずに応募すると、エージェントには紹介料が入りません。エージェント側には不利益とも思える提案です。これは、僕の悩みを解決しようとしてくれている真摯な対応に感じました。

STツバメ

結局、僕は「病院で働く」という考えを変え、「訪問リハ」で働くことにしました。

転職エージェント利用のコツを解説

ここまで、PTOT人材バンクの口コミ・評判を解説してきました。

当然ですが、口コミではポジティブな意見もあれば、ネガティブな意見もありましたね。

エージェント利用がうまく行かなかった人は、ついつい「あのサービスは良く無い」と否定したくなりますよね。でも実は、「サービス利用のコツ」を把握してなかった場合もあります。

なのでここからは。「転職エージェント利用のコツ」を解説します。

転職エージェント利用のコツ

※クリックでジャンプします

  1. エージェント登録は早めに済ます
  2. 希望の連絡頻度・時間帯を伝える
  3. 経歴や転職理由・スキルは偽らない
  4. 2社以上に登録して対応を比較する
  5. どうしても合わないときは担当者やサイトの変更をする

①:エージェント登録は早めに済ます

リハビリ職の転職開始時期の図解
※「」の集計データを参考にしています

リハ転職を検討している人、全員が知っておくべき予備知識があります。

それは、リハビリ職のみなさんは転職活動をスタートする時期がメチャ早いことです。

入職の半年〜1年前には次の職場を決めてしまう人もいます。一般企業では入社3ヶ月前位が目安なので、かなり早いです。

STツバメ

なんだかんだ真面目というか、しっかり仕事を引き継いで辞めたがる人が多いように感じます。

なので、転職エージェントに登録するのも早いに越したことはないです。希望にマッチする求人が少ない状況だと、エージェント側の提案も限られますからね。

②:希望の連絡頻度を伝える

PTOT人材バンクの口コミでも、連絡に関するネガティブな意見は目立ちました。

ただ、エージェントも悪気があって連絡をしてくる訳じゃありません。

そもそも「ちょうど良い」と感じる連絡頻度は人によってまちまちです。

なので、どんな頻度・タイミングで連絡が欲しいのかを、明確にエージェントに伝えておくことが大事です。

連絡頻度の希望例

  • 週末にまとめて連絡して欲しい
  • 18時以降ならいつでもOK

③:経歴やスキル・転職理由は偽らずに相談する

続いてのコツは「偽らない」ことです。

エージェントには、なるべく正確に偽りのない自分の情報を伝えましょう。

転職回数が多かったり、退職がネガティブな理由だったりすると、本当のことを伝えづらいですよね。

でも事実と違う情報を提供すると、求人へのミスマッチが生まれやすくなります。エージェントとの相談は、採用の可否とはまた別の話です。正直に話をしたほうがいいでしょう。

STツバメ

僕の場合も、休職理由など素直に話したことがきっかけで、転職の視野が広がりました。

④:リスク回避!転職エージェントは、複数社を比較する

実は、転職エージェントは複数サイト登録した方が転職失敗のリスクが減ります。

というのも、それぞれの対応を比較して、相性の良いエージェントに絞れるからです。

転職エージェントは、何社登録しても「利用無料」。そのメリットは最大限に活かすべきですね。

まずはリハ専門の最大手である「PTOT人材バンク」と、その他エージェントを比較するのがオススメです。

リハ専門の転職エージェント大手

ただし、無料だからと言って登録のしすぎにも注意が必要です。
エージェントとのやりとりもあるので、2〜3社くらいから比較しましょう。

リハ職向け転職エージェント7社の特徴は、別記事で解説しています。

⑤:担当者が合わないときは、担当変更を希望する

実際に転職エージェントに登録してみて、「担当者と合わない」と思ったら担当変更が可能です。

担当エージェントと合わない例

  • 転職活動のスピード感が合わない
  • 希望求人に対して、認識のズレを感じる
  • 満足のいくサポートではない

担当変更は別に悪いことではないです。むしろ、起こりうるトラブルを未然に防ぐ行動で、双方にとって良いことです。

大抵どこのサイトでも、メールやお問い合わせフォーム経由で担当変更の申請をすることが出来ます。

STツバメ

担当変更の際は「なぜ合わなかったのか」「どんな担当者を希望するか」を説明しましょう。切り替えがスムーズになります。

そもそもなぜ無料?転職エージェントのシステムを解説

そもそも、なんで転職エージェントは無料で使えるの?

なかには、転職エージェントのシステムがいまいちピンと来なくて、利用に不安を感じる人もいるかもしれません。

なので、ここから「料金システム」と「登録後の流れ」について解説します。

転職エージェントの料金システムを解説

まずは転職エージェントの料金についての解説です。

まず大前提として、僕ら求職者側は無料でサービス利用できます。

下の図解を参考に、エージェントが報酬を受け取る流れ解説します。

転職エージェントの仕組み:病院

転職エージェントは、転職成立時にのみ「施設からエージェントに報酬が支払われる」仕組みです。

いわゆる成果報酬ってやつですね。一般的な求人掲載サイトなどは、求人掲載をした時点で「広告料」を支払いますが、転職エージェントは転職実績が出たときのみ料金が発生します。

なので、僕ら求職者側に料金の請求などが来ることはありません。

STツバメ

僕らは「利用無料」なのでノーリスクと言っていいですね

PTOT人材バンク利用の流れを解説

次に、PTOT人材バンク利用の流れを解説します。

実際にエージェントを使って転職活動をする場合の、大まかな流れは下記のとおりです。

  1. エージェントに登録
  2. 初回カウンセリング(主に電話)
  3. 担当者からの求人紹介
  4. 応募書類の添削〜応募(職場見学する場合も)
  5. 面接対策〜面接
  6. 内定・入職、アフターフォロー

面接対策の相談など出来るのは、転職初心者にはありがたいですね。

続いて、それぞれの項目を解説していきます!

STEP
申し込みフォームから登録

登録はから行います。

入力フォームをポチポチと選ぶだけなので、1分くらいで登録が終わります。

登録する内容はこんな感じ
  • 所持資格(PT、OT、ST)
  • 希望の雇用形態(常勤・非常勤)
  • 転職希望時期
  • 名前、現住所、生年月日、電話番号 …など
STEP
担当者との初回面談・ヒアリング(主に電話)

会員登録をしたら、担当エージェントとの初回面談(ヒアリング)です。

初回ヒアリングはこんな感じ

  • 経歴の確認
  • 希望条件についての聴取(勤務時間・給与・勤務地など)
  • 連絡方法の確認(電話・メールなど)

面談では、転職理由やスキルなど素直に伝えましょう。エージェントはあなたの申告する情報を元に求人紹介します。情報が不正確だとミスマッチが起きやすくなってしまいます。

STEP
担当エージェントからの求人紹介・相談

あなたの希望条件やキャリアを踏まえて、担当エージェントが複数の求人を提案します。ちなみに、このとき非公開求人を紹介して貰える場合もあります。

他にも、職場の雰囲気や、実際に入職した方の情報などを聞くこともできます。しっかり情報を精査したいフェーズですね。

STツバメ

「自分に合う職場はどんな場所か?」客観的な意見も貰いながら、再確認する時期でもあります。

STEP
応募書類の添削〜応募(職場見学をする場合も)

応募する求人が決まったら、応募書類の作成です。担当エージェントは、応募書類の添削などもしてくれます。

他にも、応募の前に「職場見学」する場合の日程調整などもエージェントが代行します。

STツバメ

可能ならば、職場見学はぜひしておきたいところ!
リアルな雰囲気をつかみましょう。

STEP
面接対策〜面接

面接に不安がある人も「模擬面接」などでアドバイスを貰ってから、当日に望めます。

面接の日程調整もエージェントが代行してくれるので、面接のことだけに集中できます。

STEP
内定・入職

無事内定した後もそこで終わりでなく「入職まで」をサポート。

入職サポート

  • 入職条件の再確認
  • 給与・休日などの条件交渉
  • 円満退職のアドバイス

むしろ、PTOT人材バンクでは入職後のアフターフォローも対応してくれます。

実際に入職してみたら「約束していた条件と違う」といった転職トラブルは一定数あります。その際に、相談できる相手がいるのは心強いです。

※内定を辞退する場合もエージェント経由で行えます

STツバメ

転職トラブルへの対応をお願いできるのも、エージェントを利用するメリットです。

PTOT人材バンクの利用に関する疑問を解説

最後に「PTOT人材バンク」などの転職エージェントを利用する際に「よくある疑問」を解説します。

のQ&Aでも「よくあるご質問」で詳しく解説されてます。そちらもチェックしておきましょう。

転職エージェントの利用に費用はかかるのですか?

求職者は無料で利用できる。エージェントは転職成立時に施設側から仲介料を貰うシステム。

転職エージェントに経由で就職した場合「紹介料」が発生するが、直接応募した場合と比べ給与が減ったりはしないのか?

基本的にはエージェントを通したからといって、給与が下がるということはない。しかし、個人医院など「院長に給与額の決定権がある施設」ではあり得る。

逆に、エージェント経由で給与をアップできた事例もある。過去の取引実績の多い医療法人などでは、エージェントの信頼を生かした「お墨付き」で交渉ができるため。

体調不良で早期退職した場合、退職理由は正直に答えるべきでしょうか?

正直に答えるべき。転職理由を偽るのはお勧めできない。むしろ転職した後に「定着して働く」ことを考えると、嘘偽りない退職理由を「受け入れてくれる職場」に入るのがベター。

STツバメ

これには僕も同感です。嘘をついて職場に潜り込んでも、意味がないと思います。転職の目的は「生き生きと働ける職場」に入ることです。

PTの転職ハードルが上がっていますが、転職に有利な条件やスキルなどはありますか?

PTの書類内定率は年々下がっている。直近で複数回の転職履歴があると、マイナスポイントになりやすい。

また、療法士としてのスキルよりも「社会人としてのマナーや所作」が重視される傾向にある。

その他、企業研究をきちんとしているかも重要。「病院で働きたい」だけでなく、「なぜその病院なのか」などをしっかり説明できる必要あり。

上記Q&Aは「マイナビコメディカル」の動画から一部抜粋しています。
※動画クリックでQ&A(1:03:20〜)から再生されます。

※上記のQ&Aや「マイナビ動画」の内容は、下記の別記事で詳しく紹介しています。

より良い転職をしたい人は、まずはエージェントに登録してみよう

今回、の評判や、登録の流れなどを解説しました。

リハ専門のエージェントでは、運用の歴史も長くて信頼度が高い会社です。

ただし、転職エージェント利用は「担当者」との相性に左右される部分も多いので、複数のサービスを比較するのが大事です。

エージェント利用についての、結論をまとめると以下のとおりです。

結論
  • 転職エージェントは「どの会社か」というよりも「担当者との相性」が重要。
  • 複数のエージェントと話して、信頼できる人とタッグを組むべき。

「結局は、人との相性次第」と言ってしまうと乱暴に聞こえるかもしれません。でも、リハビリの仕事とかも一緒ですよね。

求人情報は絶えず流れて行きます。すぐに転職するつもりがない場合も、早めの登録がオススメです。

まず登録したいリハ転職エージェント2社

ちなみに、リハツバメではその他の「リハ専門」転職エージェントも詳しく比較しています。

もう少し詳しく転職エージェントを検討したい人は、下記の別記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる