職場への通勤時間や、訪問リハの移動時間を有効活用する方法10【ながら学習がおすすめ】

訪問STツバメ

こんにちは!訪問STのツバメです。

今回は、訪問リハの移動時間を有効活用しよう!という話。

訪問リハって「移動時間=ひとりの時間」が毎日3時間くらいあります。
ただ移動するなんでもったいない。

移動時間有効利用して、自己投資していきましょう。
実際に訪問リハで働いている人や、興味がある人の参考になると嬉しいです。

訪問リハじゃなくても「通勤時間が長い人」にも参考になると思います。
ジャンルに分けてまとめますね。

目次

移動時間の有効利用(インプット系)

音楽を聴く

音楽好き。もうそれだけで、訪問リハで働く意味はあります。病棟の移動時間に音楽を聴くことはできませんよね。

「今日はこのアーティストのアルバムを全部聴こう」とか、最高です。好きなことに時間を使う、それだけで立派な自己投資です。

ラジオを聴く

ラジオのなにがいいって、圧倒的に「地域密着」であること。

訪問リハは地域を元気にする仕事ですから、情報収集しながら移動できるのはメリットでかいです。

YouTubeを聴く

最近は有益な情報をYouTubeで配信してる方が増えてますよね。リハ系の動画も結構増えてます。

移動中なら「ビジネス系」のチャンネルで教養も深めるのがオススメ。

「ながら聞き」されることを念頭においている動画も多いです。

有名なところだとメンタリストのDaiGoさんとかですね。

エビデンスに基づいた「習慣を変える方法」「対人関係のコツ」みたいな内容が多くて参考になります。

サムネイルやばい(笑)

Voicyを聴く

こちらは音声のみで配信される「ネットラジオ」のようなサービス。

キングコング西野さんのチャンネルなど、ビジネスやクリエイティブな裏側が覗けて面白い。

茂木健一郎さん、ホリエモンなんかもいます。

Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア
Voicy [ボイシー] – 今日を彩るボイスメディア
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Audible(オーディブル)を聴く

Amazonが手がける「聴く本」ことオーディブル。
アメリカでは結構、定番になってきているようです。

Audible(オーディブル)は「音読された本」のこと

  • 実際の書籍を読み上げた「聴く本」
    (ベストセラーなどが聴ける)
  • 小説からビジネス書まで幅広いラインナップ
  • 30日間の無料お試し登録で、1冊好きな本がもらえる
    (すぐに解約すれば請求はナシなので実質無料)

これは移動時間に革命ををもたらすサービス。

移動しながらベストセラーが「聴ける」のは効率良すぎです。

移動時間の有効利用(アウトプット系)

次の訪問のイメトレ

次の利用者さんと「どんなことを話そうか」「どういう風に説明しようか」など「実際に声に出してイメトレできる」のは訪問の強みです。

いずれリハ職は(とうかすべての仕事が)相手のニーズを満たせるかどうか、聞き出す力と伝える力 = コミュニケーションが最重要な時代になります。

技術志向の人も一定数いますが、みんなオンラインで発信・交流しはじめているので、だんだん「調べる」「相談する」だけになってくる。

だからコミュニケーションの素振りに時間を費やすことは大きな自己投資ですね。その点では「訪問リハ」が強い。

スピーチの練習・発声練習

STからみてると、思っている以上に「滑舌の悪い人」多いです。

あと医療職は「噛み砕いて話せない人」「要点をまとめられない人」多いです。

僕はもと営業マンなので気になります。

ご家族に対して専門用語連発するセラピストとかみてると嫌気がさします。

ちょっと話がそれましたが、結局は学会発表や会議の場など、人前でスピーチするのにも「素振り」が必要。

しゃべる内容を録音して、客観的に聞きながら移動する。「ここが下手だなぁ」などと自分で気づく「アウェアネス」の繰り返しで必ずしゃべりが上達します。

早めに移動が終わったら

ストレッチ

近くのコンビニなどでストレッチ。

患者さんには「定期的にココをのばしてね!」とか言うくせに、自分はパソコン操作で「肩・首がガチガチ」。そんな矛盾から解放されましょう。

体づくりは一番の自己投資ですね。

タブレットでカルテ入力

訪問ではタブレットでのカルテ入力ができるところが増えてきています。

僕は折り畳みのキーボードを鞄に入れていて、車の中などでささっと記入しています。

(タブレットならこれは絶対買った方がいいです。折り畳みじゃなくてもいいけど)

↑僕や同僚はこれを愛用。

リハ終了時間=退社時間になるように、コツコツと入力。時間短縮。

仮眠

病院や施設勤務でも、昼休みに10分くらい「仮眠」とってる人多いですよね。そ

の人はわかると思うんですが、1020分くらいの仮眠ってすごいパワーが回復するんですよね。

訪問では、仮眠をとれるタイミングも多い。(車でだけど)ぶっちゃけこれが一番のメリットかも。

スッキリした頭をキープしましょう。

限られた時間を有効活用しよう

今、大きな意味で価値観が変わりつつある時代だと思います。

「目先のお金よりも、自由な時間や自己投資が大切」

そう考える人が確実に増えてます。

収入が不安定になるとしてもフリーランスを目指したり、独立する人も増えていますよね。

根底にあるのは、やっぱり「自分のやりたいことを出来るようになりたい」ということだと思います。

リハ職は基本的には「拘束」されて「直接介入」してナンボの世界。

訪問リハなら、移動時間を自己投資にも使えるので、より今の時代にあった働き方ですね。

僕はいろいろ訪問の記事をかいているので、覗いてみてください。

ーーーーー

それではよりよい在宅生活を

「時間ない!と思ってる人」にオススメの本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる